のーない会議tatuya

tatuya215.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 19日

ハートオブクラウン定石研究その2

■基本的な定石
◆現在の自分の定石
 コインプレイ型を基本としつつ、サプライ状況で速攻擁立を考える。速攻擁立に失敗した場合、素直にコインプレイ型でプレイを進める。
 速攻擁立型で行く場合は、「如何にコインプレイ型よりも早く戴冠できるか、コインプレイ型の戴冠を遅らせることができるか」を基準に考える。その際、どういう圧縮手段が一番効率的か考えると、具体的に擁立する姫を決める基準になる。
 あとは、各サプライにおけるビッグマネーの発見が必要である。ビッグマネーが成立する場合、一般論が全て覆されるので、個別に対応が必要。
 重要なのは、対戦相手への妨害を含めて考え、そのサプライで戴冠が最も早いプレイタイプを見つけることである。
 その際、コインプレイ型が17ターンで戴冠できるということが、大前提にして基準点となる。
◆ハンドエリミネーション
 定石は、3-4スタート。1ターンでも早く6金出すのが、コインプレイ型でも速攻擁立型でも重要だからだ。先手を取りやすく、6金に至るために都市獲得を目的とする。
 もちろん、どこまで行ってもサプライ次第。4コストに強力なサプライがあるなら、4-3スタートは充分意味を持つ(が、みんな同じ動きになるなら、先手を取れる3-4スタートのほうがよくなる)。
 2-5スタートは圧縮を考えている人向け。早馬・割符、寄付・近衛騎士などの組み合わせが考えられる。錬金術師は圧縮ができない上に2金を出せないため、やや弱い印象(カード自体は強いが)。速攻擁立型に向いているが、3ターン6金が困難になるところが考えどころ。最初から双子狙いなら、かなり有効な手段。2-5か5-2かは、どの順番のほうが確実に両方カードを購入できるかで決めること。2-5スタートで両方のカードを確保できなかった場合は悲惨の一言。
◆妨害カードが存在しないサプライ
 一般論としてコインプレイ型のほうが強い。17ターン以下で戴冠できるからだ。
 速攻擁立型はビッグマネーが成立しない限り、諦めたほうがいい。
 以下、それぞれ代表的な妨害カードに対する定石を記述する。
◆呪い場
 一般論としてコインプレイ型のほうが強い。
 リシャッフルタイミングまで呪いの影響を受けないため、呪いを無視できる。
 一方、速攻擁立型は超圧縮を目的とするため、コインプレイ型よりも呪いが重くなりがち。
 ただし、呪いを無視するコインプレイ型でも、圧縮系・ドロー強化系サプライは購入したほうが軽快に動けるという感想。
 洗礼などの呪い除去があるとベルガモットの勝ち筋が見えてくるが、それだけでは勝てないので、結局ほかのサプライ次第。
 クラムクラムとオウカは自殺行為と思われる。
 速攻擁立型で、ドロー強化を駆使して闊達に動くプレイングの発見も研究課題だろう。
 また、「ぬるー式対魔」と呼ばれる戦法が存在する。魔法の護符とお金好きの妖精だけでラオリリを領地0で擁立。宮廷侍女や呪いを魔法の護符でコインに変換しつつ宮廷侍女を10枚集めるという戦法。他者が呪いで苦しんでいる間に、宮廷侍女で宮廷侍女をかき集めるという戦術はたしかに有効。なお、3金以上が出たら、擁立前でもひたすら継承点を買い続けること。購入力があるうちに継承点を集めるのが肝要。そうしないと、対抗策として必要な宮廷侍女を買われてしまう。ネタバレすると簡単に防がれる諸刃の剣。
 序盤に(3枚ぐらい)大量の呪いが降りかかり、身動きが取れなくなった場合の対処法については今後検討する必要がある。さすがに除去できない呪いが3枚以上あると、コインプレイ型でもまともに動けない。
◆サムライ場
 一般論としてコインプレイ型のほうが強い。
 コインプレイ型だけで17巡戴冠が可能であることは先ほど記したとおり。なので、実はサムライなどのコスト4~5を無視してコインプレイ型でプレイしたほうが結果的に早くなることが多い。「サムライには手を出すな」というのがサムライ場の定石だ。ついでに、議員や貴族の一人娘にも手を出してはいけない。
 速攻擁立型でサムライをぶん回しても、無視を決め込んだコインプレイ型には何らの意味を持たない。
 なんだけど、サムライが猛威を振るう前に割符で圧縮したり、ビッグマネーが成立するとサムライの攻撃がどうでも良くなるなど、いくつかの例外が存在する。例外の発見も、サムライ場を制する秘訣。
◆宮廷闘争場
 一般論としてコインプレイ型のほうが強い。
 コインプレイ型なら擁立後はカード購入の必要がないから、カードを叩き落されても怖くない。コインプレイ型にとっては、最弱の妨害カード。
 宮廷闘争場では、クラムクラムは自殺行為。
 オウカはサプライ次第では速攻擁立もあり。具体的にはほかに有効な妨害カードがある場合。ただし、いくらオウカといえども、毎ターン宮廷闘争をぶん回すベルガモットがいればどうしようもない。そのベルガモットもコインプレイ型に勝てないけど。
 速攻擁立型の例外は、フラマリア速攻。宮廷闘争の弱点を回避できるが、問題は見習い侍女の処理。有効な除去手段がない場合、ほかの速攻擁立型と変わらないだろう。
 ルルナサイカとラオリリでは、ルルナサイカがやや有利。ルルナサイカは自身が継承点を持つため、宮廷闘争にはやたらと強い。一方ラオリリは、自身が継承点を持たず、宮廷侍女に邪魔され、擁立後の継承点購入に障害をきたす可能性がある。ラオリリの場合は、素直に継承点が集まるまで待つべき場合もある。
◆獣場/魅了場
 追い立てられた魔獣や魅了術の魔女があるサプライ。エルフの狙撃手も、魅了場に準じて考えられるが、そこまで凶悪な印象はない。
 速攻擁立型有利。上記サプライを買い占めれば、「如何にコインプレイ型よりも早く戴冠できるか、コインプレイ型の戴冠を遅らせることができるか」という理想的な条件が整う。
 フラマリア速攻で上記サプライを買い占めるのも、CPによくある勝ち筋。
 呪い場での魅了術の魔女は要注意。呪いと魅了術の魔女で購入したカードで身動きができなくなる。素直に呪い場としてプレイしたほうが勝率がいいだろう。
 どちらも強力な妨害カードであるため(特に追い立てられた魔獣は大都市と公爵を妨害し、それに対する回避手段がクノイチしかない)、攻撃は最大の防御という考えで記述しているが、ビッグマネーであれば回避は容易だ。ドローパワーに優れるビッグマネーは、継承点購入の場面においても、継承点セットの場合においても、妨害を回避しやすい。
◆戦場
 歩兵大隊や近衛騎士があるサプライ。
 速攻擁立型有利。ベルガモットやオウカで上記サプライを毎ターン使用すれば、「如何にコインプレイ型よりも早く戴冠できるか、コインプレイ型の戴冠を遅らせることができるか」という理想的な条件が整う。
 とは言え、それだけでは心もとない。できればあともう1つ強力なサプライがほしいところ。実際、近衛騎士に弱いはずのラオリリが、17巡戴冠するのも珍しくないのだ。
◆独占場/噂場
 独占や噂好きの公爵夫人があるサプライ。
 速攻擁立型有利。上記サプライを買い占めれば、「如何にコインプレイ型よりも早く戴冠できるか、コインプレイ型の戴冠を遅らせることができるか」という理想的な条件が整う。オウカは公爵と合体させれば皇帝の冠を入手できることも大きい。
 とは言え、それだけでは心もとない。できればあともう1つ強力なサプライがほしいところ。
 コインプレイ型は、自らの速度を重視すると、上記サプライを買っている余裕は正直ない。とはいえそれだけでは勝てないので、購入タイミングを見つける必要がある。
 ちなみに、大都市と独占、どちらを優先すべきか迷うこともあるだろうが、独占を買うべきである。終盤の大都市なんて、2回使えれば御の字、1回しか使えないこともざら。なので、1枚目の大都市はともかく、2枚目からは大都市よりも独占を推奨する。独占は使用後追放でき、デッキも圧縮できる。これは、コインプレイ型は当然として、速攻擁立型でも共通である。勝ち逃げするための独占なので、延長戦は考えていない。
 大都市と噂好きの公爵夫人、どちらを優先すべきかは、今後の研究課題。
 ビッグマネーは、公爵に頼らないプレイングのため、独占場/噂場に強い。
◆課税場
 デッキ内資金を見ながら宮廷侍女、議員に切り代えるように気をつけよう。というか、トークンが置かれたらすぐに切り替えること。こだわりは身を滅ぼす。9金集めれば……と考えがちだが、そうやってデッキ内資金を蓄えている間に、次々と宮廷侍女、議員にトークンが置かれる。結局、すぐに切り替えたほうが得な場合が多い。
 どの姫タイプが強いかは、ほかのサプライ次第。呪い場ならコインプレイ型だろうし、戦場なら速攻擁立型だろう。ビッグマネーが成立するなら、公爵に頼らないプレイングのため、ビッグマネーが最強になることが多い。

■ビッグマネーの定石
◆ビッグマネー成立の条件
 いままでの定石は17巡戴冠を前提としているが、一部のサプライ(クノイチ、交易船、結盟、弓兵隊、銀行など)はその大前提を崩して15巡戴冠を狙えるようにする(上記URLでもビッグマネーが成立するサプライが短いターン数の上位を占めている)。仮に追いつかれてもマネーパワーとドローパワーがスバ抜けているため、延長戦にも強い。これがすなわち、ビッグマネーである。交易船とクノイチや、交易船と結盟、弓兵隊とドロー系サプライなどによって発生する。
 条件は3つ。すべて1回の爆発力に掛けるための方策。以下のうち、どれかが欠けても、ビッグマネーの成立は困難になる。
 1つは、見習い侍女をセットしてでも除去すること。格段にカードの廻りがよくなる。ビッグマネーでも超圧縮は有効だ。
 1つは、2枚以上ドローするドローカードを重視すること。手札を6枚以上にしてはじめて、大都市に頼らずに皇帝の冠の購入が可能になる。
 1つは、購入を諦めてでもキーカード(弓兵隊や交易船、結盟)をキープすること。そのため、破城槌がサプライにある場合、ビッグマネーは成立しない。キープできる数が鍵なので、鉱山都市でもためらわず領地にすること。むしろ、コスト4がキープできることを喜ぶべき。できれば2つはキープできる領地がほしい。キープ0の場合、論外と思われる。この点、ベルガモットはキープについて楽をさせてもらえる。以下のように、いくつかキープに頼らない方法もある。
 星読みの魔女がサプライにある場合限定だが、その場合、キープに頼る必要がない。カードの再配置で事前に仕込みをして、次のドローで13金稼ぐ。星読みの魔女はドローカードではなく、キープに準じた再配置用カードと考えたほうがいい。ほかにも、図書館や伝書鳩でキーカードをかき集める方法がある。
◆ビッグマネーへの対策
 ビッグマネーが成立するサプライにおける対抗手段は以下のとおり。破城槌で妨害するか、コインプレイ型で相手よりも早く戴冠するか、キーカードの独占を阻止するかである。
 破城槌での妨害は有効だが、星読みの魔女や図書館がサプライにある場合はどうしようもない。コインプレイ型での速攻戴冠は有効だが、追いつかれた場合、マネーパワーとドローパワーで勝ち目がない。キーカードの独占阻止をすると、自然自分もビッグマネーに傾くが、独占に失敗したビッグマネーは単純に弱いし、コインプレイ型の場合、そもそもデッキに挿れるべきではない場合も多い。
 ビッグマネー同士が潰し合い、キーカードの独占に失敗した場合、コインプレイ型が漁夫の利を得ることになる。
 なお、ビッグマネーが高速化する理由は、皇帝の冠購入でデッキ枚数と購入ターン数が圧縮されることもあるが、なによりもドロー系サプライが必須であるためと思われる(要検証)。なので、錬金術師などのドロー系サプライの妨害は、コインプレイ型による有効な対応策になるだろう(要検証)。逆に、同じドロー系でも伝書鳩などだと、コインプレイ型は妨害しにくい(コインプレイ型にとっては有効なカードではないため)。
◆クノイチ+交易船/結盟+交易船
 クノイチ+交易船や結盟+交易船。デッキ内に充分な資金力が必要なので、案外爆発力に欠ける。クノイチ+交易船よりもコインプレイ型のほうが早いケースも多い(要検証)。
 クノイチはほかにも、弓兵隊や銀行で悪さができる。
◆弓兵隊コンボ
 弓兵隊コンボは、弓兵隊2枚+攻撃カード1枚が13金を叩きだす最低ライン。できればあと1枚攻撃カードがほしい。必ずデッキ内に確保し、セットなどを駆使し13金を出せるようにしよう。
 見習い魔女などのドローカードも攻撃カードであることに注意。ドローカード系攻撃カードは、弓兵隊コンボをより凶悪にする。
◆銀行
 銀行は、単体だと大都市に劣る。補給大隊などプレイ数が増えるサプライとの組み合わせが必須だろう。あるいは、シノビという手段がある。
◆結盟で継承点稼ぎ
 結盟+伝書鳩は、労せずして継承点をかき集められる。結盟+見習い魔女/交易船も悪くない。どちらも、1ターンに5点以上荒稼ぎできる。
◆お金好きの妖精+レイン&シオン
 お金好きの妖精がある場合、レイン&シオンを1人目から擁立。継承点カウンターを動員してでも双子カウンターを切らなさい。必要なサプライをすべてかき集められるだけかき集め、最後に皇帝の冠をかっさらう。双子カウンターを実質5回以上使え、15ターン戴冠でも実際は20ターン以上使用できることになる。
[PR]

by hiduka | 2013-04-19 20:51 | ハートオブクラウン


<< ハートオブクラウン定石研究その1      「ニューシリコンバレーの陰謀」 >>