のーない会議tatuya

tatuya215.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 25日

【春イベント攻略記事】E2ズンダ海峡を越えて

■E2ズンダ海峡を越えて
◆攻略のポイント
 ズンダ海峡最大の難所にして、前半最大の山場が、ボス手前の夜戦マス。ここのカットインは、戦艦すら一撃大破する難関。ここを如何に少ない試行回数で切り抜けるかが腕の見せどころです。
 ボスはル級改という強敵ですが、着弾観測火力の前には、哀れな標的でしかありません。昼戦だけで決着が着くことがほとんどでした。

◆必要制空値:56/優勢84/確保168
 優勢は敵制空値の1.5倍。確保は3倍です。
 制空権の算出方法は、「√スロット艦載数*制空値」です。例えば赤城のスロット20に制空値10の烈風ならば、√20*10=44となります。この計算式を覚えておけば、新海域でも自力で挑めると思います。
 今後、制空権優勢/確保は、通常海域でもほぼ必須の概念になりますので、これを機に、制空値の算出方法を覚えてください。
 エリヲ2隻で、制空値合計が56になります。
 二航戦以外は4スロで制空権確保な値ですが、ルート固選択の関係で、ここは無理をせず空母2隻にしましょう(理由は後述)。

◆編成:戦艦1重巡2潜水1空母2
 制空確保168は、西回りルートを想定しています。空母2で西回りルートが確定するので、空母はちょうど2隻にしてください。東回りルートだと、確保に222必要になり、面倒になるのが理由です。彩雲は1つは積んでください。索敵値の関係で、ボスにいけなくなる恐れがあります。
 鍵となるのが、潜水艦。ボス手前の夜戦は、旗艦の重巡を除くとすべて軽巡駆逐艦です。初撃の旗艦重巡のカットインさえしのげば、あとはすべて潜水艦が吸い取ってくれます。このドクトリンは、秋のE4や5-5潜水艦ルートと同じです。
 潜水艦は缶とダメコンで回避特化。これでも軽巡程度なら先制雷撃で仕留める可能性があります。積み忘れにだけは注意。しつこいぐらい確認してください。積み忘れが怖いなら、ダメコン2でもいいかもしれません。艦は、タフネスな伊401を推奨します。

◆支援艦隊
 上記潜水艦戦術を採用するなら、道中支援は必須。1戦目が輪形陣で、軽巡駆逐艦4隻(内フラグシップ2隻)。普通ならば潜水艦は飛んで火に入る夏の虫です。それを道中支援で吹き飛ばしてください。なんとか中破で踏みとどまれます(大破なら撤退してください)。
 道中支援は、旗艦だけではなく、随伴艦すべてにキラ付けをしてください。これで支援到達率が大幅に上がります(自分は100%でした)。
 以上は、5-5潜水艦ルートの経験が生きています。
 決戦支援はおそらく不要。先に書いたとおり、着弾観測射撃の敵ではありません。それで殲滅できない場合は、当然、決戦支援の出番です。

◆道中陣形
 支援艦隊の命中率、潜水艦の先制雷撃を考え、単縦陣一択です。
 ボス前の夜戦マスは、それぞれの宗教に合わせ、陣形を選択してください。自分は梯形陣形の信者です。

◆その他
 キラ付けはやっておいたほうがいいでしょう。夜戦マスでの大破率が大幅に減ります。特に、集中して攻撃される潜水艦は必須だと思っています。
 が、これも現状では宗教なので、それぞれの宗派にお任せします。
 上記攻略例は本当に一例です。
 空母1烈風3瑞雲1で制空権優勢にとどめ、東ルートを回りつつ、ほかの戦艦、重巡、雷巡火力で押し切る方法もあります。
 戦艦に探照灯とダメコンを積んで、夜戦を凌ぎきる方法もあります。
 それぞれ、自分にあった方法を模索してください。
 ただ、すべてに言えることは、「いかにして夜戦マスを切り抜けるか?」というロジックに集約しています。空母1戦術は「夜戦マスで攻撃できる艦を増やし、敵の攻撃回数を減らす」ロジックです。探照灯戦術は「カットイン率を減らし、被害を軽減する」ロジックです。自分の潜水艦戦術は「被害担当艦1隻に攻撃を集中させ、潜水艦が缶とダメコンで耐え切る」というロジックです。
 自分が選択する戦術のロジックを正しく理解するのが、なによりも早くクリアするコツとなるでしょう。
 少なくとも、対策なしで突撃し、運に任せていたずらに試行回数を増やすという愚だけは避けてください。
[PR]

by hiduka | 2014-04-25 23:57 | 艦これ


<< 【春イベント攻略記事】E3強襲...      【春イベント攻略記事】E1サメ... >>