のーない会議tatuya

tatuya215.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 20日

【艦これ】2015秋イベ 突入!海上輸送作戦【攻略】

■全体情報
◆出撃制限

 E1~3が同一作戦。E4が西方作戦なので、E1~3出撃艦艇を出せないし、E1~3に出撃できない。
 E5は全艦艇出撃可能なので、前回の夏よりは制限が楽。
◆推奨される艦艇
・E1

 後述するが、2軍で充分対応可能。
・E2:神通、皐月、三日月、浜風、雪風
 史実ルート固定艦。数が多いほど、史実ルートを通るようなので、全艦揃ってない場合でも諦めない。
・E3:あきつ丸、阿武隈
 あきつ丸がいないと制空優勢が不可能。
 阿武隈の先制雷撃は、輸送護衛部隊の最大火力。
 どちらも有無でE3の難易度が激変するが、どちらも次のE4での有用性が噂されているのが難しいところ。
・E4:大淀夕張、あきつ丸秋津洲香取鹿島ローマイタリアリベッチオ、阿武隈、雷巡3隻
 ボスが潜水棲鬼なので、大淀夕張がほぼ必須。阿武隈を使う場合はどちらか一方で構わないが、阿武隈を使わない場合は、できるだけ両方揃えたほうが楽。
追加情報。
 特に、あきつ丸がE3で必須レベルな分、ローマ、イタリア、リベッチオは温存しておくように。どちらも、ギミック破壊のルート固定に重要。
 ただまだ、ローマだけなのか、イタリア、リベッチオもルート固定に使えるのかは未確定なので、両方共に温存すること。
 阿武隈、雷巡3隻は、必須じゃないが、道中が格段楽になるという話。E1~3に雷巡を使わなくていいと判断するならば温存するのも1つの考え。
・E5:川内、時雨、江風
 史実ルート固定艦。それ以外だと1戦増える。

■支援艦隊
 本作戦では、支援艦隊の運用が極めて重要である。水雷戦隊だけで後期駆逐や戦艦並みの装甲を誇る鬼姫駆逐を相手にしなければならないため、圧倒的に手数が足りないためだ。
 また、道中も駆逐を撃ち漏らして雷撃戦にもつれた結果、大破撤退が増える可能性がある。
 E2E3E5では「支援艦隊こそ主力」と言われるほど。
 では、支援艦隊を出すとしてどうすればいいのか? いくつかポイントを解説する。
◆全艦にキラ付け
 道中は全艦にキラ付けすると支援率9割、決戦は旗艦にキラ付けすると支援率10割とされている。
 また、命中率にも如実に差が出てくるので、基本は全艦にキラ付けをしておくこと。予めキラ付けを施しておき、ローテーションをすると作業が中断されず楽だろう。
◆基本は駆逐2空母2戦艦2の砲撃支援
 最大火力を求めるならば、この回答にたどり着く。戦艦4ではなく空母2戦艦2なのは、空母の砲撃戦火力の計算式の特殊性の結果、上位装備があれば火力キャップに届きやすい艦が多いため。
 ただし、今回の海域は敵の主力が駆逐のため、軽空母や重巡でも充分に成果は出せる(特にE2)。
 また新艦種PT小鬼群には航空支援のほうが有効という検証もある(ただし、そもそも命中率が低い支援艦隊の場合、PT小鬼群以外への命中は絶望的)。
 海域に応じて使い分けるべきだろう。
◆装備:主砲/艦載機2、電探2
 以下は、砲撃支援の場合。航空支援の場合は艦攻3電探1だと思われる。
 主砲/艦載機2で火力を確保し、電探2で命中を補う。支援艦隊の命中率の低さを電探で補う。結果、2~4をコンスタントに撃墜できるようになる。
 現状、主砲/艦載機2で火力キャップに届くのは、戦艦では大和武蔵のみ。空母だと翔鶴瑞鶴大鳳飛龍蒼龍の5隻。
 したがって、以上7隻を支援艦隊の中核とし、残りを火力が高い長門陸奥ローマイタリア霧島、雲龍天城葛城(赤城加賀は燃費で脱落)で補う形となる。
 これら補欠艦も、基本は主砲/艦載機2、電探2で命中を補ったほうがいい。当てなければ意味がないのだ。
 主力の大和武蔵、翔鶴瑞鶴大鳳飛龍蒼龍は更に一歩進めて「主砲/艦載機1、電探3」にするのもいいだろう。それでも、補欠艦と同等の火力を維持できる。
 とにかく命中率の低さが支援艦隊の弱点なので、主砲/艦載機は試製砲/ネームド艦載機を、電探は32号電探の数を揃えるのが肝要になる。
 1つ2つ数が足りないのは仕方ないが、不足毎に確実に支援艦隊の効率は落ちる。
 なお、支援艦隊の仕様が古いためか、改修や艦載機練度のデータは上乗せされない。
◆駆逐艦の役割
 正直、火力には期待できない。支援艦隊の使用上要求される刺身のツマという程度。
 それでも役割を期待したいならば、電探3でとにかく命中率を稼ぎ、運よく下の駆逐艦を撃破するか、割合ダメージを稼ぐのを期待すること。
[PR]

by hiduka | 2015-11-20 23:22 | 艦これ


<< ■E1【主作戦】ショートランド泊地沖      【艦これ】5-5は楽になったの... >>