のーない会議tatuya

tatuya215.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 12日

2016春イベントE6攻略記事

■E6:機動部隊札
◆最初に愚痴ありき
 ラスダンクリアしました。
 最初に書いておきますが、E6はまあ、なんというのか面白くないんです。
 ギミック自体は面白いんですよ。それぞれのギミックに合わせて編成の最適解を考えていく必要があるのは、パズルみたいで楽しい。ギミック解除までにたくさんの艦を投入する必要があるので、総力戦って感じが出るのも、(ここは好みが分かれるでしょうが)個人的には好きです。
 道中も、支援艦隊をしっかり送っていればさくさくと進めるので爽快感があります。今後検証が進めば、いろんなルートでボスに到達できるでしょうから、好みに合わせたルートを選べばいいでしょう。
 なんですが、ボスが、いけません。S勝利が、取れない。S勝利を取るためのヴィジョンが全く無い。
 過去のイベントで、S勝利を取れなかったボス戦はありませんでした。ボス前羅針盤が理不尽で、ボス戦で昼戦に移行するには2~3番艦を撃ち漏らす必要があった、14秋E4のアイアンボトムサウンドでも。戦艦棲姫が初めてダイソンと呼ばれることになった、15春E5ピーコック島攻略作戦でも。残された残存兵力をかき集めてダブルダイソンを撃破する必要があった、15夏E6本土近海邀撃戦でも。トリプルダイソンを撃破する、15冬E5トラック諸島沖海戦でも。糞めんどくさいギミック解除と、駆逐艦という名のおぞましい防空棲姫が登場した、16夏のFS作戦でも。
 それぞれ、傾向と対策をしっかりしておけば、S勝利を取るヴィジョンをいままで持てていました。そして実際、前哨戦からS勝利をとっていますし、ラストダンスでも大体においてS勝利が取れています。
 鬼畜難易度とされている今回のE5も、傾向と対策をしたおかげで、道中撤退2回だけでほぼストレートでした(なので、個人的には難しいマップとは思っていません。道中撤退率を比較すれば15夏E4のアイアンボトムサウンドのほうがきつかった)。
 とにかく、このマップはS勝利が取れない。そのため必然的にボス撃破の確率も低い。それでボススナイプできていればまだ希望が持てるのですが、ボス撃破を出来たのが前哨戦から含めて全15戦前後のなかで2回だけ。しかもその2回というのが、「航空支援でボスを一撃スナイプ」だけでした。それ以外は、ボスを一度も撃破が出来ていません。
 そんなわけで達成感がありません。ものすごくありません。
 とはいえ、そう愚痴っても仕方ないので、ここでは、「航空支援でボスを一撃スナイプ」を勝利のヴィジョンと捉え、いかにして「航空支援でボスを一撃スナイプ」の条件を整えるかについて解説していこうと思います。
◆マップ解説
 連合艦隊の空母機動部隊でのみ出撃可能なマップ。
 空母の数で、攻略ルートが変わる。
①空母4ルート
 中央から出撃するルート。ボス前で逸れて道中戦闘数が増えてしまうため、現在、攻略には最も向いていないルートになっている。ボスへのルート固定ができればもっとも利用されるルートになるだろう。
②空母2ルート
 南から出撃するルート。第2艦隊を「軽巡1駆逐2戦艦0」という軽い編成で挑むと道中3戦でルート固定ができる(これだと、「軽巡1駆逐2重巡2雷巡1」が最も重量編成になる)。そのため、削りやラストダンスで利用される最も一般的な攻略ルート。
③空母3ルート
 北から出撃するルート。第1艦隊を「空母2軽空1」、第2艦隊を「軽巡1駆逐3重巡2」にすると、ボス前でランダムにボスに行けるようになる(空母3だと100%ボス前で逸れる)。ボス前ランダムという博打要素を抱えるが、道中2戦のため、燃料弾薬ペナ無しでボスに挑めるというメリットが有る。ラストダンス向き。
 なお、開戦時の真珠湾攻撃時の航海ルートを模したルートのようだ。ルート固定が可能なら間違いなく、公式が勧めているルートなのだろう。

■ギミック解除編
 説明が糞長くなるので、簡潔にまとめる。
 以下ギミック①~④をクリア(順不同)すると、ボス登場ゼリフの最後に「まさか……」と小声で追加される。小声な上に、テキストでの表示がないので見落とす可能性がある。
①E5のIマス(空襲マス)でS勝利1回
②Aマス(潜水マス)でS勝利1回
③Lマス(主力任務部隊)でS勝利1回
④Gマス(補給部隊)でS勝利1回
 どうやら、①航空基地を叩き、②潜水艦哨戒網を破壊し、④補給線を寸断し、③基地近海に停泊中の主力任務部隊を叩くことで、中枢泊地を孤立化させるという、旧日本海軍のハワイ占領作戦を模しているようだ。
◆ギミック①:E5のIマス(空襲マス)でS勝利1回
 E6ではなく、その前のE5。間違えないように。
 秋月型に対空カットイン装備をさせ、航空基地から艦戦・陸戦をIマスに全力出撃させれば、まず間違いなくS勝利できる。
◆ギミック②:Aマス(潜水マス)でS勝利1回
第1:空母4
第2:軽巡1駆逐5
 Aマスに行くためには、「空母4ルート」を通る必要がある。1戦目なので、軽い編成で挑み、1戦後撤退するといいだろう。敵潜水艦は4隻程度なので、軽巡1駆逐5に対潜装備させておけばまずS勝利可能だろう。
◆ギミック③:Lマス(主力任務部隊)でS勝利1回
第1:戦艦2空母3(空母2軽空1)あきつ丸
第2:軽巡1駆逐2重巡2任意1
 Lマスに行くためには、「空母3ルート」を通る必要がある。なので、「空母2軽空1」で逸れた時についでにS勝利を狙うか、「空母3」でルートを固定するかになる。
 あきつ丸は制空値のため。いない場合は、摩耶に対空カットインでもさせておこう。
 制空値は第1戦が「155/233/465」なので、Lマスで撤退するつもりなら優勢の233あたり。ボスとのランダムなら確保の465(ラストダンスの場合、ボス戦を見込んで500弱)。
 Lマスには空母棲姫、駆逐水鬼がいるので、道中支援を出すこと。支援を出さなかったばかりにS勝利を逃してもう一度出撃するのはバカバカしい。
◆ギミック④:Gマス(補給部隊)でS勝利1回
第1:戦艦2重巡1空母2あきつ丸
第2:軽巡1駆逐2重巡2任意1
 Gマスに行くためには、「空母2ルート」を通る必要がある。先に書いたとおり、ルート固定が可能なルートなので、ギミック破壊ついでにボスのゲージを削るといいだろう。
 あきつ丸は制空値のため。いない場合は、重巡でも入れておこう。
 重巡は摩耶にして防空カットイン兵装にしておくこと。道中事故率が減る上に、後述の理由から、ボス撃破率が上がる。
 制空値は「131/197/393」なので、420程度で制空確保しておくこと。
 道中支援はなくてもなんとかなるが、出しておけば、夜戦をやる必要がなくなるので、そのままボスゲージ削りが可能になる。

■ゲージ破壊編
◆「航空支援でボスを一撃スナイプ」するために
 「航空支援でボスを一撃スナイプ」するために必要なこと。
 まず、「ボスへの到達率」を上げる。ボスに到達できなければそもそも、「航空支援でボスを一撃スナイプ」することはできない。なので、とにかく道中事故を減らすこと。そのためには、以下が必要。
 ①「司令部施設」を採用することで撤退率を下げる。
 ②「開幕爆撃、開幕雷撃、道中支援」を使って砲撃戦前に敵を減らすことで、敵砲撃戦での被弾を減らす。
 ③「対空カットイン」「制空確保」で道中の空母ヲ級改フラグシップの開幕爆撃、ボス前の空襲マスでの一撃大破を減らす。ボス戦でも敵艦載機を減らすことは航空支援の効果を高める。
 ④「ボス確定ルート」を採用する。こうすることで、ボス前で逸れて複数戦闘している間に大破撤退する可能性を減らす。
 次に、「コストの低減」を図りる。極端な意見を言えば、捨て艦戦術を採用できれば極端に消費資源を減らせ、結果、出撃回数を増やす=「航空支援でボスを一撃スナイプ」する確率を増やすことができる。
 最後に、「航空支援の最適化」を図る。これをすることで航空支援の威力の底上げを図る。
◆「ボスへの到達率」を上げる
①「司令部施設」を採用
 必ず、摩耶かあきつ丸に装備させる。4スロット目が空きがちな摩耶に装備するのを推奨する。
②「開幕爆撃、開幕雷撃、道中支援」を採用
 砲撃戦前に敵を減らすことで、敵砲撃戦での被弾を減らせば、それは大破撤退率の低下に直結する。
 なので、軽巡に阿武隈を採用。第2艦隊の任意枠1に雷巡を採用(開幕雷撃が大切なので、甲標的+魚雷ガン積み推奨)。あきつ丸を採用することで空母2に艦攻艦爆を積む余裕を作る。道中支援は「大和型2飛龍蒼龍」といった、手抜きなしの全力支援を送る。
③「対空カットイン」「制空確保」を採用
 第1艦隊の重巡枠に麻耶を採用し、専用対空カットイン装備(機銃集中配備/高角砲/対空電探)をさせる。残った1スロに司令部施設を装備するといい。
 また、雷巡を使いきってしまった場合は、第2艦隊の任意1に秋月型を入れ、より確実に対空カットインが発生するようにするといいだろう。
 「制空確保」まで艦載機を積むと、敵の開幕爆撃での被害は目に見えて低減する。
 こうすることで、「ボスへの到達率」は向上する。上に、後述するように、ボス戦でも敵艦載機を減らすことは航空支援の効果を高める。
④「ボス確定ルート」
 現状では、下ルートが最善と言われている。
◆「コストの低減」
 現状、第2艦隊に地上施設特攻装備を装備させても、ボス撃破に繋がっていない状況のほうが多い。
 そのため、極論を言えば第2艦隊は捨て艦を採用しても問題なかったりする。
 実際、次のE7では捨て艦戦術がすでに確立している。採用するかどうかは事故判断で。
 まあ、それは極論として、第2艦隊が夜戦でボスを撃破するという役割を果たせていない以上、「軽巡1駆逐5」で出撃しても問題ないかもしれない(それで道中撤退要因になるならば本末転倒だが)。現状では、第2艦隊の地上施設特攻装備は、「航空支援で妖怪1足りないになった時の保険」ぐらいの意味しか見出されていない。
◆「航空支援の最適化」
 決戦支援は航空支援を送る。「ギミック解除後のボスには爆装特攻がある」とされているためである。
 こちらも道中支援と同じく、一切手抜きなしの本気支援を送る必要がある。
 強力な航空支援とは、「スロットが大きい空母の採用」と「制空喪失状態にならない配慮」である。つまるところ通常の開幕爆撃と同じで、「開幕爆撃の火力は空母自体の火力ではなくスロットの大小で算出される」「艦載機迎撃後のスロットの大小で火力を算出するため、航空優勢以上が望ましい」。ただ、開幕爆撃と違って航空支援で航空優勢以上を確保するのは至難の業(だからこそ、航空支援が使われる事態は、敵に航空戦力がいない場合のみとされていた)なので、「制空喪失状態にならない配慮」が必要になる。また、航空支援は「開幕爆撃のあとで行われるため」、開幕爆撃で「制空確保」にしており、「対空カットイン」を決めておけば、航空支援を迎撃する敵艦載機数が減り、航空支援の威力を低減しないですむ。
 具体的には、「軽空母やグラーフ・ツェッペリン」は第2スロット以降が少ないので採用すべきではない。「蒼龍飛龍」は道中支援の砲撃支援向きなので除き、「翔鶴甲瑞鶴甲」はその頑丈さから攻略本体向きなので除かれる。なので、航空支援向きなのは、「赤城加賀」「翔鶴改2瑞鶴改2」「大鳳」「雲龍姉妹」となる。燃費は度外視して、「赤城加賀」「翔鶴改2瑞鶴改2」「大鳳」は積極的に採用したい。
 装備は、爆装特攻と制空確保を配慮して「艦爆3艦攻1」となる。
◆編成装備例
 空母2ルートを採用している。そのため、制空値は420程度。ラストダンスは500弱。
・第1艦隊
摩耶:対空カットイン+司令部
扶桑:主砲2瑞雲2
山城:主砲2瑞雲2
翔鶴甲:艦攻2艦戦2
瑞鶴甲:艦攻2艦戦2
あきつ丸:艦戦3
 瑞雲(上位瑞雲を採用すること)は制空補助と同時に、ボス戦での開幕爆撃を期待している。爆装特攻は開幕爆撃でも有効とされているため。本来の地上施設への攻撃ならば三式弾を装備させるところだが、ボスの装甲が厚すぎて、砲撃戦での打撃をほとんど期待できないので、それならばいっそ、瑞雲2がいいだろうという判断。
 空母が艦爆2ではなく艦攻2なのは、「爆装特攻とされているが、艦攻艦爆両方に特攻があるという検証がある」ため。不安ならば艦爆2でもいいが、おそらくはほとんどの鎮守府で、上位艦爆の数が足りていないと思われるので、それならばいっそ、上位艦攻を使ったほうがいいだろう。
・第2艦隊
阿武隈:魚雷2甲標的
大井:魚雷2甲標的
江風:大発2WG
秋月:主砲電探探照灯
羽黒:主砲2夜偵三式弾
鳥海:主砲2夜偵三式弾
 先に説明したとおり、第2艦隊の地上施設特攻装備は保険以上の意味を持たない。なので、雷巡などの先制雷撃能力や秋月の対空カットイン能力、探照灯や夜偵による(念のため)夜戦戦力の向上を図っている。
 江風や大潮の大発装備駆逐を残していたのだが、殆ど役に立たなかったよ。。。
・道中支援:砲撃支援
大和:主砲2電探2
武蔵:主砲2電探2
蒼龍:艦爆2電探2
飛龍:艦爆2電探2
駆逐:電探3
駆逐:電探3
 空母の艦爆2は、「命中が高く」「攻撃が高い」「艦攻か艦爆」という意味。現状だと最強なのが「命中4」「爆装10」の「江草艦爆」が最強なので艦爆と書いている。詳しくは、自分の過去の記事「初級者のための艦これドクトリン:支援艦隊ドクトリン」を参照のこと。
 戦艦は、大和電探が装備できる大和型か長門型が望ましい。
・決戦支援:航空支援
赤城:艦爆3艦攻1
加賀:艦爆3艦攻1
大鳳:艦爆3艦攻1
雲龍:艦爆3艦攻1
駆逐:
駆逐:
 「航空支援がボス戦での本隊」なので、決戦支援に積む艦爆は手を抜かず、最強の艦爆を優先的に装備させること。
 駆逐は(開幕爆撃に参加できないので)攻撃に参加しないので、なにも装備させる必要はない。
[PR]

by hiduka | 2016-05-12 20:17 | 艦これ


<< 2016春イベントE7攻略記事      2016春イベントE1~E5攻略記事 >>