のーない会議tatuya

tatuya215.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 24日

2016夏イベントE1~E4攻略記事

■E1
◆ルート固定など
軽巡3駆逐2軽空1
◆装備編成例
軽巡駆逐:対潜装備ガン積み
軽空:艦攻3彩雲1
◆装備編成の根拠
 軽巡と駆逐には対潜装備を積み、最低でも、軽巡3は先制爆雷で揃えてほしい。軽巡が足りない場合は、雷巡でも構わない(練習巡洋艦は低速なので、最短ルートを通れない)。
 駆逐はE3で大発駆逐が必要なので、それ以外で出来る限り先制爆雷可能な駆逐を揃える。候補は、朝潮改2丁、リベッチオ、朝霜、改2勢、秋月型あたり。本来は軽巡5にしたいところだが、ルート固定の問題で駆逐は2隻ほど必要とされている(要検証)。
 軽空母は、高速艦を採用すること。低速艦だと1戦増える(実体験)。艦攻3で開幕空爆で水上艦をなぎ払い、彩雲1で丁字不利対策と索敵値対策。
 実は、「高速戦艦1」を入れることが可能だが、道中1戦増え、しかもその1戦がけっこうきつい。なので、戦艦を入れるぐらいならば、支援艦隊を出したほうがいいだろう(訂正:後日調べた感じだと、先制爆雷艦の数が少ない場合、戦艦で2順させるために、苦渋の選択として高速戦艦を入れる場合があるようだ。各鎮守府の内情に応じて決めるといいだろう)。
 艦隊の編成順については、敵味方ともに戦艦がない(=2順しない)ので、並び順に意味は無い。MVPを稼がせたい艦を旗艦にするといいだろう。
◆支援艦隊の有無
 基本的に不要だが、ボス前で撃ち漏らすと雷撃戦が怖い。撤退率が高いようならば、道中支援を送ること。

■E2
◆ルート固定など
 最短ルートにはいくつか候補がある。鎮守府の戦力に合わせて選ぶこと。
①軽巡1駆逐5
②川内1、航巡1、駆逐4(うち、吹雪、白雪、初雪いずれか1以上)
③水母1、航巡1、軽巡1、駆逐3
 ①から③に至るほど戦力は充実するが、輸送作戦なので、メイン火力は支援艦隊。本隊の戦力を拡充したところでたかが知れているとも言える。
 装備は、駆逐にドラム缶を積む以外はテンプレ装備になる。輸送作戦なので、ドラム缶が必要。
 駆逐の固定艦はE3とかぶっていることに注意すべきだが、E3は地上施設攻略なので、大発系が装備できない吹雪型はE2で使って問題無いだろう。
◆装備編成例:③を採用した場合
神通:主砲2、夜偵
夕立:主砲2、ドラム缶
初月:対空カットイン
暁:主砲2、ドラム缶
利根:主砲2、瑞雲1、ドラム缶
瑞穂:瑞雲2、甲標的
◆装備編成の根拠
 索敵値が厳しいため、軽巡の水偵1だけでは索敵値が足りないことが多い。①編成を採用する場合、駆逐の電探で索敵値を補う必要がある。
 ①③を採用する場合、軽巡に阿武隈を採用すると道中で先制雷撃が猛威をふるうだろう。ただし。上記のように索敵値に注意。
 輸送作戦なので、道中支援決戦支援両方、支援艦隊は必ず出すこと。出してさえいれば、ドラム缶を大量に積んでいてもA勝利自体は簡単だろう。
 個人的にS勝利を狙いたかったのでドラム缶は最低限にした。
 制空値は瑞雲12型3で56。HとIで航空拮抗だが、Iマスには航空基地を送って制空優勢にするようにしている。Hは対空カットインで耐えろ。
◆支援艦隊の有無
 必ず出すこと。
◆航空基地
艦戦1、陸攻3
 烈風改ならば、甲でも1機で航空優勢に持っていける。

■E3ギミック解除
◆解除条件
①空襲で制空確保
②Aマス・Dマスの航空戦でS勝利
 以上で、母港帰投時に任務達成SEが鳴る。
 いつものようにギミックが存在する。ギミック解除でボス前(ダブル戦艦夏姫)の装甲が弱体化。
 ギミック解除は甲乙丙共通なので、甲に挑む場合でも、丙でまずギミックを解除したほうがいいだろう。特に、①の制空確保は、甲の場合ややしんどい。
◆制空値:132/198/396
 航空戦でS勝利するためにも、制空確保に持っていくのは必須。
◆装備編成
麻耶1、戦艦2、航巡1、軽空2
阿武隈1、秋月型2、雷巡3
 ルート固定のために水上打撃部隊。ルートそれがありえるので、金剛榛名抜き、低速混じりが確実。
 軽空2で制空確保を目指す。航巡は制空値を考えるとあきつ丸でも良かったかもしれない。
 摩耶、秋月型は対空カットイン用。
 阿武隈+雷巡は道中対策。
◆基地航空
 艦戦局戦ガン積みで2部隊で防空。空襲で制空確保後は、Aマス・Dマスの航空戦でS勝利出来なかった場合はそのマスに艦戦ガン積みを派遣するといいだろう。

■E3攻略編成
◆ルート固定
 ルート固定条件は複雑である。
高速戦艦:金剛、榛名
重巡航巡:鳥海、最上、三隈、鈴谷、熊野
軽巡:鬼怒、由良
駆逐艦:吹雪、白雪、初雪
 ①以上12隻中7隻を採用、②第1第2にそれぞれ3隻以上採用すると、最短ルートに固定する。
 なお、Cマスでルート固定艦が護衛撤退した場合、ルート固定条件を満たせなくなるので、Cマス以前にルート固定艦が護衛退避しなければならない場合、素直に艦隊ごと撤退させること。
◆制空値:108/162/324
 丙の場合、上記のように制空値がやや緩和される。
◆連合艦隊:空母機動部隊
 編成は、空母機動部隊を推奨する。
 もちろん、(ボーキの備蓄が足りないと言った理由で)水上打撃部隊での突破例がないわけではないのだが、調べた範囲で出てくる攻略サイトの殆どが空母機動部隊を採用している。
 それはなぜかといえば、①空母機動部隊の強力な開幕爆撃を採用することで、「基地航空+開幕爆撃+支援艦隊」で「ボスの港湾夏姫以外を轟沈する」事が現実的に可能なので、圧倒的に空母機動部隊のほうがボス戦で楽、②Gマスのヲ級改対策として制空確保が必要になる、③Hマスの戦艦夏姫対策として「基地航空+開幕爆撃+支援艦隊」で「戦艦夏姫1以外を轟沈する」事が現実的に可能なので、圧倒的に空母機動部隊のほうがボス前で楽だからである。
 以上から、「ボーキの備蓄が足りない」以外に、空母機動部隊を採用しない理由は存在しない上に、(水上打撃部隊に必要な)試行回数を考えれば結局、空母機動部隊のほうが楽だろうという結論になる。
◆大破要因
①潜水艦マス:Bマス
 1戦目が潜水艦マスなので、極稀に大破する。
 対処法としては、駆逐1と軽巡1に、計2隻に先制爆雷を施すこと。
 先制爆雷装備とは、「対潜値が100を超えるようにソナーと爆雷を装備させる」「その際、必ずソナーは1つ装備させる」ことである。100を超えればいいので、四式ソナー3であれば、素の対潜値64以上で先制爆雷が可能。
 先制爆雷担当となる駆逐は多くの場合、吹雪改2が担当することになるだろうが、要求レベルが高いので、多くの鎮守府は軽巡に先制爆雷担当を担わせることになるだろう。
 とはいえ所詮運なので、一切対策をしないという選択肢も充分ありえるだろう。というよりも、ほとんどの鎮守府が対策しないと思われる。あまり深く考える必要はない。
②ヲ級改マス:Gマス
 みんなのアイドルヲ級改。開幕爆撃と砲撃戦でワンパン大破の山を築く。
 対策としては、制空確保と対空カットイン。
 駆逐1に秋月型を採用し、対空カットイン装備をさせる。秋月型のレベルが低い場合は、まあ、ほかの駆逐に担当させること。ただ、秋月型が登場してから1年以上、毎回秋月型の対空カットインの話が出ているので、今後は、イベントに備えて秋月型はちゃんと育成しておいて欲しいところ。対潜値も高いし、ほかの駆逐に比べてダントツに頑丈なので、秋月型があるならば、優先的に育てておいて損はない。
 あと、秋月型に対空カットインをさせる場合、もう1隻の駆逐艦は、「対空カットイン装備にしてはいけない」。
 これはゲーム上の仕様として、「秋月型の対空カットインの発動優先順位は最下位」であるため、別の駆逐艦に対空カットイン装備をさせた場合、わざわざ対空カットインの性能を落とすことになっている。
 そのため、もう1隻の駆逐艦は、先に書いたように「先制爆雷装備」にするか、「主砲2機銃1」にするか、保健のために「大発WG装備」にするか。
 なお、「機銃」の対空防御効果はかなり大きく、噴射砲(対空値+8)以上の装備であれば、かなり大きな効果を期待できる(1-6で全駆逐に噴射砲を装備させた時にその効果を実感できるだろう)。
 また、道中支援を送れば、突破率はぐっと高くなる。
③戦艦夏姫マス:Hマス
 ボス前に戦艦夏姫が2隻登場。砲撃戦でワンパン大破の山を築く。
 対策としては、まず、先のギミック解除をする。これで戦艦夏姫の装甲が激減するため、大破~轟沈まで持っていく確率が高くなる。「装甲が減るだけで、火力が変わらないなら、意味無いじゃん」と思う人も多いだろうが、ゲームの仕様上、基地航空+開幕爆撃+支援艦隊+第1砲撃」と、「戦艦夏姫が動く前に4回攻撃が出来る」。その4回の攻撃で、「戦艦夏姫1以外を轟沈」させれば、突破率はぐんと高くなる(そして、その状態に追い込む確率は決して低くない)。なので、資源がもったいないとぼやく人ほど、絶対にギミックを解除しなければならない。
 そのためにも、基地航空と道中支援は必ず送ること。
 また、司令部施設がある場合、必ず装備させること。ボス前での突破率が激増する。ラストダンス時においても、司令部施設は装備させたほうがいい。それぐらい、空母機動部隊でちゃんと装備編成をすれば、ボス戦は楽勝であるということである(概ね、昼戦で決着が付く程度に楽)。
◆ボス撃破のシミュレーション
 ボス戦の経緯はだいたい以下のようにシミュレーションされる。一見、かなり都合の良いシミュレーションのように見えるが、ちゃんと装備編成して、正しく難易度を選んでいれば、以下のように収束する。以下のように収束しない場合、必ずどこか間違えていると断言できる。
 一見難しそうに映るE3だが、最適解を選べば、以下のように収束するように難易度調整されているのがE3である。個人的には、今回のE3E4の難易度調整はかなり秀逸なものであると感じている。
 基地航空の2回の行動で、随伴艦の3隻が轟沈。運が良ければ、4隻轟沈か、集積地棲姫が大破~轟沈になる。また、敵の制空値が大幅に減退する。
 開幕爆撃。(制空確保のためにはGマスの制空値よりも100高いにもかかわらず)敵制空値が減退しているため、制空確保。随伴艦4隻轟沈。集積地棲姫が大破~轟沈。ボスの港湾夏姫小破。
 支援艦隊。ボスと集積地棲姫以外轟沈。集積地棲姫も高確率で大破~轟沈。ボスの港湾夏姫も高確率で中破。
 第2艦隊に損害が出るかもしれないが、第1艦隊の砲撃が終了する頃には、最悪、港湾夏姫集積地棲姫ともに大破。殆どの場合、昼戦終了時にはS勝利確定となる。
◆装備編成
瑞鶴:艦攻2艦戦1司令部
榛名:主砲2水偵1三式弾1
大鳳:艦攻3艦戦1
翔鶴:艦攻2艦戦2
鳥海:主砲2水偵1三式弾1
最上:主砲2三式弾1瑞雲1
由良:対潜装備ガン積み
金剛:主砲2夜偵1三式弾1
吹雪:対潜装備ガン積み
照月:対空カットイン
鈴谷:主砲2三式弾1瑞雲1
熊野:主砲2三式弾1瑞雲1
 空母3は防御力を考え、装甲空母。本当は空母4にしたいのだが、ルート固定艦を入れる関係で空母3。
 金剛、榛名、鳥海、最上、由良、鈴谷、熊野、吹雪はルート固定艦。第1第2にそれぞれ3隻以上、合計7隻がルート固定の条件なので、このような割り振りになった。8隻配置しているので、由良を大淀にするか、鈴谷熊野の1隻を高速戦艦/雷巡に差し替えるかはご自由に。
 ツ級が出るのに航巡に瑞雲を積むのを不思議に思うかもしれないが、今回の港湾夏姫には、水戦水爆(瑞雲系や二式水戦など)特攻があるという検証があるため。ただ、ツ級に撃墜され、着弾観測射撃ができなくなる可能性があるため、無理に瑞雲を積む必要はない。充分に撃破可能。
 昼でほぼ勝負が決まるので、鈴谷熊野は昼火力を上げるべく着弾観測射撃。第2艦隊旗艦も、脆い軽巡を配置するのがいいだろう(駆逐は護衛退避に使うため、旗艦に配置してはいけない)。
 吹雪は始め夜戦キャリアーにしようとも考えたが、昼で勝負が決まるため、夜戦装備は(夜偵以外)不要と考え、潜水マス対策に先制爆雷装備にした。大抵の鎮守府では、吹雪は先制爆雷出来ないだろうから、吹雪の装備はやや悩ましいところではある。
 吹雪は照月よりも必ず上に配置すること。照月はボス戦で対空カットインという大任があるが、吹雪は1戦目の先制爆雷(とルート固定)で仕事を終えている。護衛退避は(旗艦を除く)配置が上の駆逐艦が選ばれるため、吹雪を上に配置することで、照月が護衛退避することを避けている。
◆基地航空
 ボス前Hマスとボスマスに1部隊ずつ基地航空隊を集中させること。
 実際やってみるとわかるが、上記の通り「E3はヌルゲー」だが、それは「基地航空を前提としており」、ボス前Hマスとボスマスに基地航空隊を送らない場合、高確率で大破2以上となりボス前の突破は困難になり、夜戦込みでもボスの撃破は無理ゲーになる。
 なんでそんなに違うの? と思うかもしれないが、それは基地航空の仕様を考えると当たり前で、「基地航空は開幕爆撃前に攻撃して随伴艦を排除」するため、「開幕爆撃や支援艦隊の攻撃が単体に集中しやすい=ボスやボス級随伴艦への大打撃が期待できる」。また、「基地航空の攻撃時点で航空戦が発生している」ため「敵の制空値が減退して制空確保が楽になる=攻撃機を多く積めるため開幕爆撃や砲撃戦の効果力が期待できる」。
 以上の理由から、必ず、「ボス前Hマスとボスマスに1部隊ずつ基地航空隊を集中」させること。これを怠った場合、僕の装備練度でもクリアがおぼつかないと断言できる。
 装備は以下のとおり。基地航空隊に配置する航空機は必ず熟練度をマックスにしておくこと。E2のAマスに潜水艦を単艦で送り込んで、航空基地に攻撃させると、最も少ない資源消費で熟練度を上げることが出来るだろう。
 行動半径については、今回から、(前回の行動半径の平均値ではなく)行動半径の最低値を採用している。なので、5マス目に基地航空を送る場合、全て、行動半径5以上の航空機で揃える必要がある。
①ボス前Hマス:行動半径4以上の陸攻艦攻4
 ボス前には制空値がないため、陸戦艦戦の対空値は不要。
 4マス目なので、行動半径4以上が必要。
②ボスマス:行動半径5以上の艦戦1陸攻艦攻3
 艦戦1で制空拮抗を狙う。そのため、丙難易度であっても、最低でも熟練度マックスの烈風が望ましい。航空基地の撃墜は第1スロットから順に行われるため、陸攻艦攻の熟練度保護のため、陸攻艦攻の攻撃力維持のため、艦戦は必ず、第1スロットに配置する。
 5マス目なので、行動半径5以上。行動半径5の局戦がないため、局戦は仕えない。
◆支援艦隊
 道中決戦ともに支援砲撃推奨。道中の大破要因はかなり緩和される。
◆Aquila掘り
 丙が推奨されるが、甲でも掘りは可能。
 実は、甲掘りでも、支援艦隊は道中決戦ともに不要になる。それはなぜかといえば、E3クリア時に3部隊目の基地航空隊が開放されるから。この3部隊目の基地航空が道中支援決戦支援に匹敵する働きをしてくれる。
 とはいえ、周回は楽だが、資源消費は大きいし、確率も決して高くない。実際自分は、甲堀りでは2回めに出てくれたが、丙掘りで燃料ボーキを5万程度溶かしている。
 甲で掘る場合は、水戦を使ったもっとソリッドな編成を考える必要がある。各自検索するように。
◆ルート固定艦がいない場合
 (鈴谷三隈熊野がいない場合がほとんどだろうが)ルート固定艦が足りない場合、空襲マスが1つ増える程度なので、無理にルート固定に拘る必要はないというのが、現在の通説である。とはいえ、難易度は確実に上昇してしまうだろう。

■E4ギミック解除
◆解除条件
 いつものようにギミックが存在する。ギミック解除でIマスボスマスが弱体化。
 C・D・H・I・Kマスの中から4つ以上S勝利達成で母港帰投時に任務達成SEが鳴る。
 Kマスは夜戦マスのため、S勝利確定が難しい。C・D・H・Iマスで達成するのが無難だろう。
 ギミック解除は甲乙丙共通なので、甲に挑む場合でも、丙でまずギミックを解除したほうがいいだろう。
◆制空値:51/77/153
 空母機動部隊の場合。甲に比べて丙の必要性空値は大分低い。
 水上打撃部隊の場合、空襲マスがあるので122/183/366。
◆装備編成
 D・Hマスは空母機動部隊ルート。Cマスは水上打撃部隊ルート。
 自分が一番強いと思う装備編成で挑むこと。Iマスは港湾夏姫なので、一応地上施設対策をすること。とはいえ、三式弾+第2艦隊に地上施設対策装備配置程度で充分。
◆基地航空
・艦戦局戦2陸攻艦攻2
・艦戦局戦1陸攻艦攻3
・艦戦局戦1陸攻艦攻3
 以上3部隊をIマスに送る。ボスマスは遠いので、効果的な基地航空を送るためにはそれなりの知識が必要ななので、説明がめんどくさい。Iマスは基地航空を送らない場合の事故率が尋常じゃないので、ボスのことを考えるぐらいならば、Iマスに全力投球で構わない。
 航空基地の撃墜は第1スロットから順に行われるため、陸攻艦攻の熟練度保護のため、陸攻艦攻の攻撃力維持のため、艦戦局戦は必ず、第1スロットに配置する。敵の高い制空値を削るためにも、第1航空隊は艦戦局戦2が望ましい。第1航空隊を「艦戦局戦1陸攻艦攻3」とすると、損耗率が激しいので注意。
 4マス目なので、行動半径4以上。行動半径3以下の局戦を使わないように。

■E4前哨戦
◆ルート固定
 現在の検証では、空母機動部隊編成の場合、以下のようになっている。
上から優先
①潜水艦(まるゆは除く?)がいるとN
②第1艦隊に金剛&榛名かつ正規(装甲)空母2以下でM
③第2艦隊に金剛&榛名なしかつ第2艦隊にビス子でN
④雷巡3でN
⑤正規(装甲)空母2以下かつ第2艦隊に鳥海ありかつ雷巡2でM?(不確定)
⑥雷巡2でN
⑦それ以外はM
 複雑だが要は、
②第1艦隊に金剛&榛名かつ正規(装甲)空母2以下でM
⑤正規(装甲)空母2以下かつ第2艦隊に鳥海ありかつ雷巡2でM?(不確定)
でルート固定するか、
①潜水艦(まるゆは除く?)がいるとN
③第2艦隊に金剛&榛名なしかつ第2艦隊にビス子でN
④雷巡3でN
⑥雷巡2でN
 を避けるように編成すると、
⑦それ以外はM
 となる。主流は、
第1艦隊:金剛榛名、(装甲)空母2、軽空2
第2艦隊:軽巡1駆逐2雷巡3/軽巡1駆逐2ビス子1雷巡2
 または、
第1艦隊:戦艦2、(装甲)空母4
第2艦隊:軽巡1雷巡1駆逐2重巡2
 あたりとなるだろう。読むのがめんどくさい場合、上記どちらか好みに合わせて編成すること。
 個人的には、タフネスにやや不安が残る前者よりも、後者の編成のほうが攻略に向いていると思う。編成も簡単。ルート固定艦がないので、護衛退避しても逸れる恐れがない。
◆制空値
 ボス戦で制空確保を目指す場合、450以上。
 ボス戦で航空優勢で妥協する場合、300程度とされている。
 丙の場合、200~350以上といったところか。
◆連合艦隊:空母機動部隊
 水上打撃部隊の場合、ルート分岐条件が未検証のため、空母機動部隊を推奨する。
 もちろん、(ボーキの備蓄が足りないと言った理由で)水上打撃部隊での突破例がないわけではないのだが、調べた範囲で出てくる攻略サイトの殆どが空母機動部隊を採用している。必要制空値を考えると、空母機動部隊一択だし。
 なので、自力で編成できる力量がない場合、水上打撃部隊での攻略は全くお奨めしない。
◆大破要因
①渦潮マス:Eマス
 第1艦隊の燃料がごっそり持っていかれ、LMQマスの大破要因となる。
 対策としては、第1艦隊に電探2~3を積む。火力は激減するが、削り段階ではボス到達率が重要なため、割りきったほうがいい。
 または、能動分岐でD→Fマスを経由する。潜水マスのFマスで燃料はほぼ同程度の燃料が持っていかれると考えれば、電探を積まない分、こっちのルートのほうが望ましいかもしれない。
 自分が攻略中はEマス推奨だったが、冷静に振り返るとD→Fマス経由のほうがいいかもしれない。まあ、一撃大破が痛いけど。
②港湾夏姫マス:Iマス
 開幕爆撃と砲撃戦でワンパン大破の山を築く。
 対策としては、基地航空隊を3つ送る。これでほぼ事故はなくなる。理屈はE3ボスマスと同じ。
 ここで大破が出たら、おとなしく撤退してよい。
③夜戦マス:Kマス
 夜戦マスに戦艦夏姫1~2隻登場。砲撃戦でワンパン大破の山を築く。
 対策としては、キラ付け。そして夜戦装備。
 戦艦夏姫が2隻出た時は、あからさまに中大破率が高いので、出ないようにお祈りすること。
 「軽巡1駆逐2雷巡3」だと装甲が脆すぎるので、夜戦で頑丈な重巡やビス子を積極的に採用したい。
④空襲マス:LMマス
 制空値が尋常なく高い(制空確保に800弱)。そのため、撃破分を考え、制空値が300~450以上必要となっている。
 対策は対空カットインだが、明らかに夜戦火力が落ちるので、工夫が必要。
◆ボス撃破のシミュレーション
 自分は試したことがないので断言できないが、丙だとボス撃破可能とのこと。この編成のままラスダンでも問題ないらしい。
 一方、甲の場合、この削り編成では、C敗北の山を築くことになり、150以上削れれば御の字、前哨戦で一度でもボススナイプでボスを撃破できれば編成の地力が高いと評価される。
 甲の場合は苦しい戦いだが、決して心を折らさず、ラスダン圏内まで耐えぬくこと。ラスダンになったら、以下のように速吸を採用すれば、高確率でボスを撃破(どころかS勝利)してくれるだろう。
◆装備編成
・第1艦隊:
大和:主砲2水偵1司令部1
武蔵:主砲2水偵1徹甲弾1
大鳳:艦攻艦戦彩雲電探など
瑞鶴:
翔鶴:
加賀:
・第2艦隊:
妙高:魚雷3夜偵1
北上:魚雷2甲標的1
阿武隈:魚雷2甲標的1
摩耶:対空砲、機銃、探照灯、照明弾
雪風:魚雷3
時雨:魚雷3
 戦艦2は火力と防御力から大和型。ただ、燃費が尋常じゃないので、(特に削りは)長門型などで妥協してもいい。
 空母4は防御力と搭載量を考え、装甲空母と加賀。各鎮守府採用の空母をぶつけること。制空値は、ボスで確保にするか優勢にするかで変わるので、自分で計算するように。割とギリギリの戦いなので、そこは自分で計算してほしい。電探を装備する場合、空母に装備させるといいだろう。火力を下げずに命中補正となる。彩雲は装備しなくてもいいが、航空優勢に留める場合、諸々の理由で彩雲は装備したほうがいいだろう。
 重巡は、確定で麻耶。この編成一番の勘所。対空カットインで空襲マス対策とする。対空カットインの時点で火力が期待できないので、夜戦装備キャリアーと割り切る。
 また、位置も重要で、4隻目。「下3隻は夜戦時までに行動不能であると期待」して(特に甲はそんなことはまずないのだが、それぐらいの運ゲーにすがらざるをえない)、4隻目に被害担当艦として配置している。
 麻耶の装備については、対空砲は、10cm高角砲+高射装置/12.7cm高角砲+高射装置/90mm単装高角砲/5inch連装砲 Mk.28 mod.2のどれか。機銃は、25mm三連装機銃集中配備/Bofors 40mm四連装機関砲/QF 2ポンド8連装ポンポン砲のどれか。
 重巡のもう1隻は、火力の高い鳥海で連撃か、運が高い妙高で魚雷カットイン。鳥海で連撃する場合は、旗艦は北上を配置するといいだろう。鳥海の第4スロットには照明弾を装備するといいだろう。
 軽巡は可能ならば(運を50にした)魚雷カットインの阿武隈。不可能なら、夜偵を装備した神通の夜戦連撃。
 駆逐2は、魚雷カットイン。ただし、空襲マスでの大破が多いならば、秋月型を採用し、対空カットインで凌ぐこと。もちろんその分、ボス撃破率は激減するので、ラストダンス時は、幸運駆逐の魚雷カットインに頼ることになる。
◆基地航空
 ギミック解除時と同じ。
◆支援艦隊
 道中決戦ともに支援砲撃推奨。
 ただし、道中支援は夜戦や空襲マス主体で、事故が多いIマスも基地航空隊で凌ぐので、特に前哨戦では不要というのが通説。実際、自分もラストダンス時以外は送っていなかった。

■E4最終段階
◆装備編成
・第1艦隊
 戦艦1か空母1を速吸に差し替える。どっちかは、鎮守府次第。
速吸:洋上補給2ダメコン1
 洋上補給はかならず2つ以上詰むこと。これで火力回避力が大幅に向上し、甲攻略時でも、ボス撃破S勝利が可能になる。
 ダメコンを使わない場合、水戦を積むと制空補助となる。
[PR]

by hiduka | 2016-08-24 19:25 | 艦これ


<< 2017春イベント攻略記事      2016春イベントE7攻略記事 >>