のーない会議tatuya

tatuya215.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:シナリオ案( 3 )


2006年 04月 11日

「想い出病棟」

「想い出病棟」

***プレアクト***

■シナリオデータ
プレイヤー:3~5人
プレイ時間:3~4時間
必要防御系神業:2枚
使用社会:企業、メディア、アストラル、テクノロジー

※ 本アクトは、下記のような方々に特にお勧めです。
・医療倫理に興味をお持ちの方
・演劇演出に興味をお持ちの方

■アクトトレーラー
 キャスト作成前に以下を読み上げよ。

―――――――――――――――――――――――
貴方はいま、死の間際にいます。
――なにか、心残りのことはございませんか?

走馬燈というものがありますね?
――死の間際、人生を振り返る幻影です

もし、走馬燈のように、死の間際に、貴方の想い出の人ともう一度出会えるとしたら……
……そんな病院があったとすれば、貴方は、治療を受けようと思いますか?

トーキョーN◎VA The Detonation
「想い出病棟」

それでもなお、医者にとって大切なのは、患者の命なんですよ。
―――――――――――――――――――――――

■推奨スタイル
①タタラ:大学病院勤務で翠川千春の主治医
②カゲムシャ:フリーのカゲムシャ
③バサラ:退魔師
④トーキー:アルドラという少女の友人がいるジャーナリスト
⑤クグツ:千早重工後方処理課

 キャストが4人以下の場合、③④⑤の任意の枠を削る。

■シナリオハンドアウト
 各キャストには以下の設定がつくことになる。キャスト作成時にプレイヤーとよく相談すること。

『タタラ』:大学病院勤務で翠川千春の主治医
『カゲムシャ』:フリーのカゲムシャ
『バサラ』:退魔師
『トーキー』:アルドラという少女の友人がいるジャーナリスト
『クグツ』:千早重工後方処理課

キャスト1:『タタラ』
設定:大学病院勤務で翠川千春の主治医
コネ:翠川千春 推奨スート:理性(患者)
キャストコネ:『カゲムシャ』
――貴方が訴えるのは、命の価値
 翠川千春は、貴方が主治医を務める病人だ。病状は重く、治療は絶望的だと思っていた貴方はしかし、画期的な治療法を発見した。手術は難しいが、不可能ではない。だから、自分を信じて治療を受けるように。そう告げた貴方に、千春はゆっくりと首を横に振った。何故治療を拒絶すると問う貴方に、彼女は聞き返した。「想い出病棟というものを、ご存じですか?」

※ 《タイムリー!》など、治療系神業が必須。緑川千春から治療の承諾を得て、病を完治させることが『タタラ』のパーソナルクエストになる。

キャスト2:『カゲムシャ』
設定:フリーのカゲムシャ
コネ:高山靖史 推奨スート:外界(宿主)
キャストコネ:『バサラ』
――貴方が請け負うのは、偽りの真実
 今回の依頼は、翠川千春という女性を説得すること。翠川千春は現在、不治の病に冒され、手術を受ける必要があるのに、それを断り続けているのだという。それを説得するために、親族から高山靖史という、彼女の初恋の人を演じてほしいのだという。彼女はいま、想い出病棟という都市伝説にすがり、高山靖史との再会にすべてを託している。その思いを、断ち切ってほしいのだというのだ。

※ 《神出鬼没》は、必須である。

キャスト3:『バサラ』
設定:退魔師
コネ:アルドラ・ドルファン 推奨スート:外界(知り合い)
キャストコネ:『トーキー』
――貴方が打ち砕くのは、か弱き人の想い出
 想い出病棟。死の間際に、想い出の人と再会できる病院という都市伝説。もし、それが本当であれば、これほど人命を軽んじる事実はないであろうし、人の想い出に寄生するアヤカシが存在するのだろう。だから貴方は、噂の出所に、想い出病院に、足を運んだ。人の思いと人命を、守るために。

※ 《天変地異》は、PLが自由に使用すること。

キャスト4:『トーキー』
設定:アルドラという少女の友人がいるジャーナリスト
コネ:アルドラ・ドルファン 推奨スート:感情(お友達)
キャストコネ:『クグツ』
――貴方が暴くのは、世にも奇妙な物語
 貴方には、アルドラ・ドルファンという友達がいる。病院で儚げに空を眺める、病弱な少女。少女は問うた。「想い出病棟。ご存じかしら……?」死の間際、想い出に邂逅する黄昏の病院。「もし、そんなものがあるとすれば、素敵なことではありませんか?」もしそんな病院が実在するというのだとすれば……そんな願望を記事にするため、貴方は取材を開始した。

※ 《暴露》は、PLが自由に使用すること。このシナリオにおけるアルドラは語り部であり、キャストの役回りはシナリオの狂言回しである。『トーキー』は、アルドラの正体を知らない方が面白いだろう。その分、PLには、高度なメタ思考が問われる。

キャスト5:『クグツ』
設定:千早重工後方処理課
コネ:早川美沙 推奨スート:外界(上司)
キャストコネ:『タタラ』
――貴方が捜すのは、笑えない冗談
 上司の早川美沙曰く、今回の任務は、千早が出資している病院の内偵だという。ここ数年、ごくわずかではあるものの、その病院での死亡率が上昇しているという。しかも、患者が末期治療を拒否した結果であるという。これが本当であれば、何らかの対策を考えておかないと、病院経営にも支障が出てしまう。貴方は調査を開始した。「それにもうひとつ。気になる噂があるの」……想い出病棟。それが、噂の名前。

※ 《完全偽装》は、PLが自由に使用すること。

■重要ゲスト

●翠川千春(ミストレス◎)
 女性。皆に愛される、理知的な成人女性。不治の病に苦しめられている。『タタラ』を尊敬しているが、手術の承諾だけは断固拒絶している。

※ 緑川千春を、まだ年若い女性として設定するか、孫に囲まれた老婆として設定するかは、『タタラ』のPLに一任する。

●アルドラ・ドルファン(アヤカシ◎)
 女性。病院に長く入院している儚げな少女。この物語の語り部を務める。
[PR]

by hiduka | 2006-04-11 00:07 | シナリオ案
2005年 08月 05日

「アルティメットランブル~千早忍法帳」

妄言アレンジヴァージョン。


アルティメットランブルに達成値上限をつけて、山風ごっこするためのレギュレーション。

達成値上限は、環境に合わせて。僕の場合は25。
8対8の殺し合い。それぞれ、PLはそれぞれ、ふたりずつ手持ちの中から自慢の厨キャストキャストを用意する(笑)。
個人戦を4戦ののち、チーム戦を行う。チーム戦に参加できるのは4人まで。
キャストをふたりずつ用意させるのは、リサーチ中にキャストを殺せる配慮から(笑)。山風らしく死んでください。
舞台裏判定でのリサーチを認める。当然、よけいなこと調べて、舞台裏で死ぬキャストも登場ですよ(笑)。

移動の特殊ルール:
移動にリアクションをした場合、移動自体を阻止できないとするか、あるいは、相対距離が変わらないけどもリアクショナーごと移動しても良いとかいうゴールデンルールを入れる。山風っぽく、N◎VA全土派手に立ち回って戦えるんじゃないかと。

ゴールデンルール:
クライマックスで暇しないように必ずキャストふたりのうちどちらか一方は殺さないというレギュにする。あくまで、アルティメットランブルで、山風っぽく遊ぶための八百レギュレーションなので。

コネクションルール:
ゲストコネとして、敵チームから一名、キャストコネとして、味方チームから一名、それぞれコネを取る。どろどろの人間関係を強く推奨する。

基本的に、RLやることなにもないシナリオ。
PLの八百を愛でて楽しむのが、正しいRLのあり方になる。
PLが勢いに任せて、
「●●の敵!」
「●●様……お慕いしておりました……」
「●●は、我らの中では一番の小物」
とか、言えないと楽しくないレギュレーションなので、おすすめしませんが。
負けロール大好きっ子推奨です。
[PR]

by hiduka | 2005-08-05 00:56 | シナリオ案
2005年 05月 16日

「N◎VAの長い一日~一日だけの限定戦争」

 Sデュエル用に、公安ネタでアクトトレーラーを書いてみた。まだ、書きかけなので、これから色々と訂正する。特に、ハンドアウトを書かないと。まだ、もう一本、やはり公安ネタでシナリオアイディアがあるので、もしかしたら、そちらに差し替えるかも。

「N◎VAの長い一日~一日だけの限定戦争」

■シナリオデータ
プレイヤー:4人
推定プレイ時間:3時間前後
必要防御系神業:2枚
使用社会:北米、ストリート、企業、警察

達成値上限:Aで25
(トループのサポートなど、自キャストのリソースで26以上禁止。
ほかのキャストのサポートで達成値が26を超えることはかまわない)
ブランチ:特に制限なし
使用経験点:特に制限なし
使用サプリメント:特に制限なし。RLは全部使用

※ 本アクトは、下記のような方々に特にお勧めです。
・攻殻機動隊/スパイ小説と聞いて心ときめく方
・櫛田千里と丁々発止の心理戦を展開したい方

■アクトトレーラー

災厄に打ちひしがれた、人口を激減させた人類は、
トロン技術の開発により労働力不足を補おうとした。
電子制御技術、トロンネットワークの発達である。
高度に電子制御化、ネットワーク化されたニューロエイジは、
かつてない繁栄を迎えると同時に、
新たなる犯罪形態、テロ行為、そして、不可避的事故を招くことになる。
電脳犯罪、電脳テロ、電脳事故と呼ばれるものだ。

軍用ヘリ操縦者の突然死と、電子制御の暴走――
突発的事故か? 陰謀の果てのテロ行為か? 電脳犯罪か?

高まる軍事的緊張と政治的懸案――
軍や政府による釈明・表明・遺憾――

そして、N◎VAの長い一日が始まった。

トーキョーN◎VA The Detonation
「N◎VAの長い一日~一日だけの限定戦争」

「全機ただちに帰投せよ!」
「繰り返す! 全機ただちに帰投せよ!」
「これは、……訓練ではない!」

これはつまり、N◎VAで勃発した一日だけの限定戦争。

 待機命令を受けたアラシ、ブラックハウンドのイヌ、企業軍の内偵をするクグツ、指名手配中のニューロ、北米帰りの飛行機にいるトーキーあたりを想定している。
[PR]

by hiduka | 2005-05-16 18:28 | シナリオ案