のーない会議tatuya

tatuya215.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 16日

「だれがマリアを助けるの?」

「だれがマリアを助けるの?」

***プレアクト***

■シナリオデータ
プレイヤー:4~5人
プレイ時間:3~4時間
必要防御系神業:2枚
使用社会:ヴィル・ヌーヴ、南米、企業、軍事

※ 本アクトは、下記のような方々に特にお勧めです。
・南米の独裁者と聞いて心ときめく方
・失恋旅行と聞いて心ときめく方

※注意事項
 プレアクトに、〈社会:ヴィル・ヌーヴ〉1レベルとガイド(〈社会:ヴィル・ヌーヴ〉10)とを支給すること。
 オープニングがN◎VA、リサーチ(とオープニングの一部)がヴィル・ヌーヴ、クライマックスが南米ボードマン共和国、それぞれがアクトの舞台となる。
 『フェイト』の恋人の「アンジェリカ」とアクトタイトルに出てくる「マリア」とは、別人である。注意すること。

■アクトトレーラー
 キャスト作成前に以下を読み上げよ。

――――――――――――――――――――――
「別れましょう、わたしたち」と、彼女は言った。
それは、声にならない悲痛な叫び。

「あんな我が儘な女、さっさと別れてしまえ」と、皆が言う。
それは、真意を知らぬ無責任な言葉。

「失恋旅行に付き合ってあげる」と、彼女は言った。
それは、心を凍てつかせた彼女の、精一杯のぬくもり。

「なんでわたしを、助けたの?」と、彼女は言った。
それは、旅先のヴィル・ヌーヴ。少年の銃口を見る呟き。

「アンジェリカを、どうかよろしく」と、彼女は言った。
それは、どこで聞いた言葉だったろうか?

トーキョーN◎VA The Detonation
「だれがマリアを助けるの?」

彼女の凍てついた心を溶かすのは、キミのぬくもり。
――――――――――――――――――――――

■キャスト作成
 シナリオハンドアウトを、PLに配布すること。

●推奨スタイル
①フェイト:アンジェリカの恋人
②カブト:アンジェリカのボディガード
③アラシ:ボードマン共和国政府軍所属
④トーキー:N◎VAスポ記者
⑤クグツ:千早重工後方処理課

 キャストが4人以下の場合、⑤を削る。

●必要な防御系神業
 ゲストの即死系神業だけでキャストが死亡するのを防ぐため、キャスト全員で2個以上の防御系神業が必要である。

■シナリオハンドアウト
 各キャストには以下の設定がつくことになる。

『フェイト』:アンジェリカの恋人
『カブト』:アンジェリカのボディガード
『アラシ』:ボードマン共和国政府軍所属
『トーキー』:N◎VAスポ記者
『クグツ』:千早重工後方処理課

キャスト1:『フェイト』
設定:アンジェリカの恋人
条件:《真実》など、情報系神業が必須
コネ:アンジェリカ・ボードマン 推奨スート:感情(恋人)
キャストコネ:『カブト』
PS:アンジェリカの真意を確かめる
 「別れましょう、わたしたち」と、アンジェリカは言った。アンジェリカは我が儘な女だと、みんなは口をそろえる。でも、貴方は知っている。彼女は、誰よりも心優しく頑張り屋だ。だから、直後「貴方の失恋旅行に付き合ってあげる」と言ったときの彼女の表情を見て、納得がいった。その凍てついた表情を、どうすれば溶かすことができるのか。貴方は、彼女と共にヴィル・ヌーヴに向かった。それは、奇妙な失恋旅行だった。

キャスト2:『カブト』
設定:アンジェリカのボディガード
条件:《難攻不落》など、他人を守る防御系神業を推奨
コネ:リリック 推奨スート:感情(憎悪)
キャストコネ:『アラシ』
PS:リリックの憎悪を確かめる
 貴方は現在、南米ボードマン共和国大統領の一人娘アンジェリカを警護している。独裁者ボードマン大統領は国民の憾みを買う極悪人の一人娘。どんな風に見られるか考えるまでもない。数度の暗殺計画。そのすべてを貴方は防いだ。旅行先のヴィル・ヌーヴで少年リリックが拳銃を突きつけたときも、貴方は驚きもしなかった。だけどそのときの、リリックの憎悪とアンジェリカの表情とが気にかかった。

※『カブト』の登場について
 チームによる護衛であるため、『カブト』には非番もある。護衛中のため登場できないというケースは存在しない。

キャスト3:『アラシ』
設定:ボードマン共和国政府軍所属
条件:《突破》など、障害排除系神業を推奨
コネ:キリング少佐 推奨スート:理性(親友)
キャストコネ:『トーキー』
PS:キリング少佐の動向の調査
 貴方は現在、南米ボードマン共和国政府軍に所属し、反政府軍と戦っている。留学中のボードマン大統領の娘にしてアレス将軍の婚約者アンジェリカを共和国に呼び戻すための護送が、アレス将軍からの命令。反政府軍のキリング少佐の妨害も考えられるため、まずは彼を調査するところから始めるべきだ。

キャスト4:『トーキー』
設定:N◎VAスポ記者
条件:神業は自由に使用して良い
コネ:九条政次 推奨スート:外界(上司)
キャストコネ:『クグツ』
PS:アンジェリカの真意を確かめる
 ボードマン大統領の一人娘アンジェリカと言えば、我が儘なお嬢様だという。貴方は、編集長・九条政次にアンジェリカのパパラッチを命じられた。本国帰国前の、ヴィル・ヌーヴへの失恋旅行。スクープに狂喜する九条だが、疑念がふくらむ。アンジェリカは本当に、評判どおりの人物なのか?

キャスト5:『クグツ』
設定:千早重工後方処理課
条件:神業は自由に使用して良い
コネ:千早雅之 推奨スート:外界(上司)
キャストコネ:『フェイト』
PS:千早重工を勝利に導く
 南米ボードマン共和国の内戦は、千早重工にとって頭の痛い問題だった。政府軍に多大な援助を提供するも苦戦を強いられていた。世論も、圧政を敷く政府軍よりも反政府軍に同情的だ。逆転の一手を求め、反政府軍を支援するヴィル・ヌーヴでの工作活動が命じられた。まだ、あきらめるわけにはいかない。

■重要ゲスト
●アンジェリカ・ボードマン(マネキン◎)
 女性。南米ボードマン共和国大統領の一人娘。新星帝都大学に留学中。ブランド志向で我が儘な性格で、周りの評判は劣悪。恋人の『フェイト』が評して曰く、心優しい頑張り屋とのこと。

●リリック(カブトワリ◎)
 男性。アンジェリカ暗殺を計画した少年。『カブト』たちによって取り押さえられた。ボードマン大統領とその娘アンジェリカとを深く憎んでいる。

●キリング少佐(カブト◎)
 男性。南米ボードマン共和国反政府軍所属。ボードマン大統領の圧政に反感し、反政府闘争にその身を投じた。責任感が強い軍人で、『アラシ』の元同僚。

●ボードマン大統領(エキストラ)
 男性。南米ボードマン共和国の大統領。自分の名前を自国の名前とした、自己顕示欲が強い独裁者。反政府軍の逆襲に手を焼いている。

●アレス将軍(エキストラ)
 男性。南米ボードマン共和国将軍。ボードマン大統領の腰巾着。俗物。アンジェリカの婚約者として、次期指導者の地位を約束されている。
[PR]

by hiduka | 2007-01-16 21:03 | アクトトレーラー