のーない会議tatuya

tatuya215.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 31日

【艦これお役立ち】着弾観測射撃で変化した装備運用

 最近の着弾観測射撃に合わせて、変化した装備運用について。

・航空戦艦の時代
 最近、航空戦艦の使い勝手が良い。
 着弾観測射撃のおかげで、装備は主砲主砲瑞雲瑞雲で固定。
 開幕爆撃+昼連撃という鬼畜仕様のみならず、「瑞雲に対空値が存在する」という1点で、ほかの戦艦を凌駕する性能になっている。航空戦艦に積んだ場合、1スロットにつき、わずか対空6、なのでたった対空12なのだが、この12のおかげで、微妙に足りない対空値を補えたりすることがある。
 具体的には、今まで正規空母を運用していた海域で、軽空母を運用できたり、同じ軽空母でも、飛鷹隼鷹ではなく祥鳳瑞鳳を運用できたり。
 また、現在デイリーやあ号を1-5で済ませているせいで、瑞雲ガン済みの航空戦艦はもはや必須レベル。
 なので、1隻を主砲主砲瑞雲瑞雲にしてウィークリーの西方、北方任務をこなし、残り3隻でローテーションを組んで1-5で瑞雲ガン済みの運用をしています。

・軽巡に副砲ガン積み
 着弾観測射撃のお陰で産廃同然になった15.5副砲ですが、自分は軽巡に積んで運用しています。通常海域に出るならば、撤退率や撃破率を考えると、軽巡よりも重巡のほうが確実な成果を期待できることもあり、現在、対潜軽巡以外通常海域において軽巡の出番がありません(あくまで、自分の運用の範囲でね)。
 んで、思いついたのが、演習での運用。ガチ編成だとさすがに重巡以上でなければ話になりませんが、明石編成や嫁艦放置、キラ付け中など、着弾観測射撃がそれほど脅威ではない演習相手であれば、戦艦を旗艦にした軽巡運用で十分対応可能です。
 15.5副砲をガン積みし、命中と火力を補えば、重巡並みの攻撃力を期待できますし(実際、火力90とか超えるし)、夜戦連撃で戦艦だって屠れます。演習なので、制空権確保をハナからあきらめているので、だったら命中を期待できる副砲ガン積みのほうが運用面で優れているという判断です。
 火力が90に足りていない軽巡は、対潜軽巡としてソナー爆雷をガン積みし、演習で潜水艦刈りに従事させています。
 んで、重要なのはここから。それでキラ付けされた軽巡をローテーションを組んで、遠征に出しています。こうすることで、キラ付けの手間を省きつつ、遠征大成功の成果を得ているわけです。
 なお、天龍龍田は、副砲2ドラム缶1にして、通常は演習で単艦狩りをさせ、キラ付けされているタイミングで鼠輸送任務に送り、週頭の東京特急任務で、キラ付けが剥がれた天龍龍田を東京特急壱弐に送り出しています(ドラム缶遠征は、キラ4、必要ドラム缶+2~3でほぼ大成功が有力な説です)。

・航巡は万能ナイフ
 非常に使い勝手のいい艦船ですね。
 主砲主砲瑞雲瑞雲で、重巡の代用ができ、開幕爆撃と制空値(スロット3以下で2、スロット9位上で6、その間は4)のおかげで、重巡以上の働きができます。これでルート固定にも貢献できれば最高なのですが。
 缶タービンガン積みであれば、1-5のルート固定に利用できつつ、初戦事故をかなり軽減できます。自分が1-5でデイリーとあ号を済ませる算段が立った、装備でした。
 まだ試していませんが、5-4であれば、航巡4空母2で、航巡装備を主砲主砲瑞雲ドラム缶にすれば、低燃費で、制空権に寄与しつつ、昼連撃と夜連撃を両立しつつ、北ルートで安全に燃料を補給できるというマルチな活躍を見せてくれます。


 できれば、みんなの「ちょっと面白い装備運用」を聞きたいところ。
[PR]

by hiduka | 2014-05-31 01:28 | 艦これ
2014年 05月 02日

【艦これお役立ち】キラ付けメソッド

 「キラ付けって面倒くさいし燃費悪いからやらない」って人、多いと思います。
 実際、1-1をぐるぐる回るってのはかなりたるい作業です。そこで今回は、日常のプレイの中でキラ付けをする方法を探っていきたいと思います。

◆戦艦キラ付け編
・演習旗艦でキラ付け
 S勝利、夜戦なし、旗艦、MVPで1+0+3+10で14。4戦すれば+56。コンディション100にもっていけます。
 S勝利、夜戦あり、旗艦、MVPでも1-1+3+10で13。4戦で52。やはりコンディション100にもっていけます。
 随伴艦に重巡以下の育成艦をあてておけば、戦艦の火力であればまずMVPを取れるでしょう。
 演習での旗艦MVPは、取得経験点に対する消費資源効率が最高なので、同じようにやっている人も多いでしょう。これを意図的に心がけてください。
 1週間程度で保有戦艦すべてにコンディション100のキラ付けすることも可能です。
・高難易度海域でキラ付け
 特に、ウィークリー任務をこなしている場合、4-2や3-3で戦艦を運用してください。戦艦の火力であれば、ほぼ旗艦MVPを取り続けられるので、レベリングしながらキラ付けができます。最近は、着弾観測射撃があるため、雷巡使用時でも、楽にMVPが取れます。
 経験点としては、旗艦MVPが美味しいですが、事故を避ける意味で戦艦を旗艦から外しても特に問題はないでしょう。変わらず、MVPを撮り続けてくれます。

◆航空戦艦キラ付け編
・演習随伴艦でキラ付け
 演習で潜水艦艦隊を撃破する場合、100%昼戦で終了します。それを利用し、S勝利で1点ずつキラ付けを稼いでください。あとは、適宜戦艦キラ付けを実施すれば、コンディション100のキラ付けを維持できるでしょう。

◆重巡キラ付け編
・演習随伴艦でキラ付け
 重巡(航巡含む)はキラ付けが難しい艦種です。焦らず、毎日、演習で地道にキラ付けしましょう。1点ずつでも毎日3戦ずつこなせば、半月程度でコンディションカンストは可能です。
 単艦放置、2艦放置、捨て艦使用の演習相手に、地道に狩っていれば充分に可能な範囲です。夜戦は避けてください。夜戦を入れると随伴艦のコンディション値は1-1で0になり、キラ付けできません。
・通常海域でのキラ付け
 現在、模索中です。戦艦や空母を使わずに安全にキラ付けができる海域があればいいのですが。
 燃費悪いけど、2-2旗艦で着弾観測射撃かなぁ?

◆軽巡キラ付け編
・演習随伴艦でキラ付け
 重巡と同じ方法論で、ハイエナのごとく、地道にコンディションを稼ぎましょう。
・演習旗艦対潜キラ付け
 旗艦軽巡に対潜装備をガン積みし、随伴艦の対潜装備を旗艦よりも劣る装備にすれば、旗艦戦艦と同じく4戦でコンディションがカンストします。
 いちいち装備を積み替えるのが面倒ならば、対潜装備をガン積みした旗艦対潜軽巡を2隻準備してください。それでローテーションを組みましょう。演習に出す軽巡のコンディションが貯まれば遠征に送り出し、遠征から帰ってきた軽巡を演習に出してください。
・軽巡のキラ付けの重要性
 個人的に、このメソッドはかなり重要です。上記2方法を使うようになってから、あらためて軽巡をキラ付けする必要がなくなり、ストレスなく、軽巡を遠征に繰り出せるようになりました。お勧めなので、明日からでも試してもらいたいです。
 燃費が重いとされる阿賀野型も、遠征に出して結構です。改めてキラ付けするコストを考えれば、すでにキラ付けされている阿賀野型を遠征に出したほうが得になります。

◆駆逐艦キラ付け編
・1-5でキラ付け
 デイリーの潜水艦狩りや10回遊撃を1-5で消化するときにおすすめです。
 駆逐艦を旗艦にし、一番良いソナーと爆雷を装備。随伴艦は、航戦、高レベル駆逐艦か五十鈴、最後に航巡をおすすめします。
 航戦は、瑞雲などをガン積み。できれば、エリート以上の駆除が難しいレベルの装備がいいでしょう。そうでないと、航戦が初戦でMVPをかっさらい続けます。
 高レベル駆逐艦か五十鈴は、旗艦よりも劣る装備をつけてください。どれだけ劣らせるかは、各提督の裁量でお願いします。自分は、敵ボスを屠れる可能性を残しつつも、ダメージレースに確実に負けるように、旗艦三式セット、随伴艦9493セットにしています。軽巡は、五十鈴以外は推奨しません。距離が中距離になるため、初戦で駆逐艦がMVPを取れない可能性が高まります。
 航巡は、対潜装備をもたせません。代わりに、缶タービンをガン積みしてください。目的は2つ。対潜能力を持たせないことで、2戦目で駆逐艦がMVPを取る可能性を高めるため(潜水艦が3隻のため、運が悪いと攻撃順が回らずに戦闘が終了し、MVPを逃す)。もうひとつは、提督レベル80以上の場合、初戦の開幕雷撃の事故を避けるため。航巡は軽空母よりも高い回避、高い耐久、高い装甲があり、生存性が高いです。そこに、缶タービンを補うことで生存性を高めます。実際、これをやってから初戦撤退は減りました。具体的には、1-5であ号を全部済ませても、それほどバケツが減らない程度には。
 航巡が攻撃に参加しない分、ボス撃破率は当然下がります。が、毎日出撃していれば、一月のうちで、そのうち5回は偶然ボスを撃破できるでしょう。勲章取得に何ら障害はありません。
 なお、1-5でのキラ付けは軽巡にも応用可能ですが、自分はやりません。だって、演習での2方法でのキラ付けで1週間分の遠征は充分に補えるんですもの。

◆空母軽空母キラ付け編
・2-2南西諸島任務でキラ付け
 デイリーの南西諸島任務のついでに、艦攻ガン積みの空母または軽空母を旗艦にすれば、任務終了までには上限のコンディション85に持っていけるでしょう。ただし、鳳翔さんはスロット3が響くのか、よくMVPを逃します。キラ付けは難しいので、素直に1-1に行ったほうがいいでしょう。
 随伴艦は、艦戦をガン積みした空母または軽空母を連れて行ってください。目安は、制空値162で確保。空母なら烈風ガン積み(二航戦で制空値166)、軽空母は飛鷹隼鷹で烈風改込みの烈風ガン積みになります。それ以外の軽空母を運用する場合、足りない分は、航巡水母の瑞雲で補うとよいでしょう。
 残りは、駆逐航巡水母で補ってください。駆逐艦は、近代化改修がすんでいれば軽巡まではワンパンで落としてくれます。雷撃が3本刺されば、戦艦だって沈みます。航巡水母は瑞雲で開幕爆撃と制空権争いのサポートを期待します。水母はさらに、開幕雷撃で敵を1隻屠るので頼もしいです。
 あとは、随伴艦の疲労がたまるたびに、艦戦空母軽空母以外の随伴艦、駆逐水母を交代してください。航巡も大体において交代不要です。
 だって、「開幕爆撃と制空権争い」には疲労度は関係ありませんから。しかも、艦戦空母軽空母は、あえて艦攻艦爆を装備していませんから、攻撃に参加することもありません。また、「開幕爆撃と制空権争い」は損傷に関係なく発動します。したがって、大破まではそのまま運用してもデメリットが一切ありません。……ブラック鎮守府なので、ご利用はご計画的に。
 オリョクルよりも圧倒的短時間で任務が達成できるのも利点です。
・1-4い号作戦でキラ付け
 ウィークリーの空母20隻撃墜任務い号作戦のついで。方法論は上記2-2と同じ。
 60で制空権確保なので、燃費とスロットを考えると、鳳翔さんに烈風2彩雲1がベストです。
 「い号作戦を1-4?」と思いますが、空母軽空母が2~4確実に出るので、5~10周で任務が終了し、オリョクルよりも圧倒的に短時間で任務が達成できます。補給艦狩りは次の東方艦隊撃滅任務や日々の補給艦狩りで終わらせればいいと思えば、かなり有効な手段でしょう。
 2~3戦で旗艦のコンディション85に達するので、3隻程度はキラ付けができることになります。

◆潜水艦キラ付け編
・1-4い号作戦でキラ付け
 方法論は空母軽空母と同じです。
 旗艦潜水艦の開幕雷撃と魚雷雷撃でダメージレースに勝利し、MVPを取り続けます。
 ただし、開幕爆撃で薙ぎ払えないので、空母軽空母よりも事故率が高く、中破大破にいたった結果、MVPを逃すことも多いです。なので、これは空母軽空母のキラ付けが終わっている場合の補足として捉えてください。
 随伴艦は、駆逐艦のみがベストです。水上機母艦などは、MVPをかっさらうリスクが有ります。
 1-1でキラ付けしたほうが楽かもしれません。

◆水母キラ付け編
・1-4い号作戦でキラ付け
 方法論は潜水艦と同じです。
 しかし、水母の手数の多さを活かし(敵から攻撃を食らう前に最大4隻を屠れる)、1-1でキラ付けしたほうが楽でしょう。

◆雷巡キラ付け編
 軽巡と同じで、演習で旗艦MVPを取ってください。おすすめは、単艦放置狩りです。
 着弾観測射撃のせいで、通常海域でMVPを安定して取るのが難しくなりました。なにかいい方法はないでしょうか?

◆その他キラ付け編
 明石とかあきつ丸とか。
 捨て艦随伴艦を付けても、1-1キラ付けが安定しないのが辛いです。
 明石はともかく、あきつ丸は遠征で使用したいので、演習で地道にキラ付けをする以外に、なにかいい方法はないものか?

◆攻略中のキラ付け
 入渠させる艦が大破ではないなら、そのまま1-1を1周しましょう。そうすれば、大体1出撃分の疲労を補えるので、コンディション80台のキラキラを確保できます。
 また、MVPのコンディションは+10、旗艦のコンディションは1戦毎に+3ですので、これを頭に入れておけば、「この艦はコンディション85を保っているか?」という目安になります。MVPを取り続けたり、旗艦で在り続けたりしておけば、別途キラ付けする必要はないでしょう。
[PR]

by hiduka | 2014-05-02 20:24 | 艦これ