のーない会議tatuya

tatuya215.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 15日

【冬イベント攻略】E5甲完全攻略マニュアル

 ラストダンス成功、完全撃破S勝利です。
 とはいえ、丁字有利、夜戦突入時下3隻轟沈、上3隻小破、夜戦メンバー中破1のみ、夜戦3種の神器発動という、ほぼ負ける要素がない状態で、最後の北上様のラストシューティングで終了。快勝ではなく、辛勝というイメージでした。

 ここに、攻略過程を書くことで、後塵への参考とする。
 先達の皆々様からは多大なアドヴァイスを頂き、誠に有難うございます。

■ゲージ削り用編成:道中安定重視
◆第1艦隊
ちと99:烈風改/烈風/烈風/連合艦隊司令部
大和99:46砲/46砲/水観/ふもレーダー
武蔵99:46砲/46砲/水観/32電探
扶桑99:38改/試作35.6/32電探/瑞雲12
山城99:38改/試作35.6/32電探/瑞雲12
ちよ99:601烈風/601烈風/烈風/彩雲
◆第2艦隊
でち99:潜水艦魚雷/潜水艦魚雷
時雨92:5連魚雷/5連魚雷/5連魚雷
雪風97:艦首魚雷/5連魚雷/5連魚雷
大淀99:ダメコン/夜偵/探照灯/照明弾
大井99:3号砲/3号砲/甲標的
北上99:オイゲン砲/オイゲン砲/甲標的
◆コンセプト:第1艦隊
 水上打撃部隊を採用した場合、空母系は、軽空母2か空母1が上限となる。敵ボス制空値は168/252/504なので、軽空母2だけでも制空優勢は可能だが、道中での損耗と、なによりもボス前の空母おばさんの制空値264に拮抗するために、航空戦艦2で制空値28を補った。結果、彩雲と司令部を積む余剰を生み出せた。
 大和型はもう、最大防御と最大火力を採用した結果。
 連合艦隊の砲撃戦は当たらないことで定評があるので(支援艦隊の計算式を流用しているのではないかと推測)、戦艦は、フィット砲+水観+電探が定番装備となる。
◆コンセプト:第2艦隊
 潜水艦を第2艦隊に配置することで渦潮回避ルートで固定できるという話だったので、カットイン率が一番高い58を採用。実際、主に道中で大活躍。開幕雷撃で確実に敵を撃滅するため、こちら側の被害を最小にすませてくれた。水雷戦隊の砲撃戦火力なんてたかが知れているので、潜水艦が砲撃できないというデメリットはほぼ無視できた。
 夜戦火力が高い順番で貫禄の雷巡レズコプターを採用。削り段階だと、連撃のほうが有効だろうと雷巡コンビは連撃装備。
 時雨と雪風は、連合艦隊必須構成要因の駆逐2の中で一番カットイン率が高いため採用。駆逐2は、実は何度か連撃火力最強の夕立綾波に対空カットイン装備をさせて連撃を試してみたのだが、一度もクリティカルダメージ(ゲームデータ上、40点以上のダメージを意味する)が出なかったので、どうにも敵装甲を貫けていないと判断。最大火力の夕立綾波で駄目なら、カットインしかないだろうということになった。
 大淀は、軽巡火力では割合ダメージぐらいしか期待できないので、夜戦装備キャリアと割りきった。大淀を採用したのは、4スロット目にダメコンを積む余裕が有るため。照明弾2つ目を積むという考えもあるだろうが(自分も本当はそうしたかった)、有志の検証によれば、照明弾の2つ目は他の船に積まないと効果が無いというのが通説。
 大淀を一番下に配置しないのは、カスダメでも撃破に貢献してもらうため。夜戦開始までに下3隻が轟沈していないと、正直運ゲーの土俵にも乗れないので、攻撃順を考えると、大淀は4番目まで位置を上げることができる。
◆出力結果
 S勝利3、A勝利4。反航戦になるととたんに撃破率が落ち、同航戦でも確実には落とせない。
 やはり、カットイン装備でないと装甲を貫けない難敵だという結論になった。
 大破は一度あったが、司令部のおかげで、撤退なしで削りきった。

■ゲージ破壊編成:夜戦火力重視
◆第1艦隊
大和99:46砲/46砲/水観/ふもレーダー
武蔵99:46砲/46砲/水観/32電探
扶桑99:38改/試作35.6/32電探/瑞雲12
山城99:38改/試作35.6/32電探/瑞雲12
加賀99:601烈風/601烈風/烈風改/彩雲
明石95:缶/ダメコン/ダメコン/ダメコン
◆第2艦隊
プリ98:4連魚雷/4連魚雷/4連魚雷/照明弾
時雨92:5連魚雷/5連魚雷/5連魚雷
雪風97:5連魚雷/5連魚雷/5連魚雷
大淀99:ダメコン/夜偵/探照灯/照明弾
大井99:オイゲン砲/オイゲン砲/甲標的
北上99:艦首魚雷/5連魚雷/甲標的
◆コンセプト:第1艦隊
 ダブルダイソンの登場で、ボスの制空値が下がったので、それに合わせて軽空母2から空母1に変更。一方、ボス前の空母おばさんに制空拮抗を維持するために引き続き航空戦艦2を採用し、彩雲を積む余剰を作る。「どうせ同航戦でなければ撃破が難しい」と考え、あえて彩雲を積まないことも十分考えられるが、修理費の拡大を嫌って、丁字不利にならないよう、彩雲を採用した。ココらへんは、保有資源量と相談することだと思う。
 明石は渦潮回避ルート固定要因。対空カットイン装備も考えたが、貢献度が低そうなので、ダメコン3という防御特化。旗艦をかばってくれれば、火力を維持しながらボス確定となる。下に配置したのもそれが理由。
◆コンセプト:第2艦隊
 連撃装備では火力不足が目に見えていたので、とにかく運が高い船をかき集め、カットイン艦を4隻揃えた。大井は、運が低いので連撃装備のまま。
◆出力結果
 まあ、なんとかS勝利で終了。

■支援艦隊
◆道中支援
蒼龍99:江草艦爆/江草艦爆/32電探/32電探
赤城99:江草艦爆/江草艦爆/江草艦爆/32電探
霧島99:試作35.6/ダズル35.6/46砲/32電探
ビス99:試作35.6/ダズル35.6/46砲/32電探
吹雪90:12.7後期/12.7後期/12.7後期
初春90:12.7後期/12.7後期/12.7後期
◆決戦支援
飛龍99:江草艦爆/江草艦爆/32電探/32電探
大鳳99:江草彗星/江草艦爆/32電探/32電探
長門99:試作41/試作41/試作41/試作41
陸奥99:試作41/試作41/試作41/41砲
夕立93:10+高★9/10+高★9/10+高★9
綾波93:10+高★3/12.7後期/12.7後期
◆コンセプト
 道中各マスに大破要因があるので、道中支援も手を抜かず全力出撃。開幕雷撃が終わった頃には、旗艦以外全滅なんてことも。結果、大破2ですんだ。余剰火力では? と思う人もいると思うが、旗艦のワンパンがすべてをひっくり返す道中、これぐらいの余剰火力の傘のもと突き進むほうが結局は安全。
 実際、ここまでやっておけば、道中大破要因は空母おばさんのワンパンだけに抑えられるので、司令部施設と合わせて100%確実に、しかもほぼ無傷でボスに到達できるようになり、削りの効率/撃破の確率は劇的に改善する。
 駆逐艦は、運よく撃破することを期待して、命中よりも火力重視。
 一方、戦艦は、適正砲の数が足りなかったこともあるが、当ててくれることを期待して(道中支援は)命中重視。これぐらいの火力でも、道中支援では充分だった。
[PR]

by hiduka | 2015-02-15 18:46 | 艦これ